2017.08.11 横浜と秀岳館
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・横浜―秀岳館戦観戦


 甲子園の横浜―秀岳館戦をテレビで観戦しました。
 甲子園の野球はそこまで熱心に見ませんが、横浜は5月の招待野球で大島が大敗を喫し、選手の素材、野球の質の高さに圧倒されたチームであり、秀岳館は6月に野球部訪問でじっくり取材したチーム。この両者の対戦だけはぜひみておきたくて、スコアをつけながら観戦していました。
 初回、立ち上がりわずか3球で先制し、3点を先取した秀岳館が6-4で勝ちました。点差以上に秀岳館の野球は洗練されていて見ごたえがありました。初回のファーストストライク必打攻撃はおそらく狙い通りだったのでしょう。七回の代打の代打がタイムリーを打ったシーンはしびれました。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・コンタクトレンズ購入、メガネの修理
・野球取材
・自転車
・日米野球懇親会


20663639_926021874212419_6584541694421558014_n.jpg
 夜は日米親善野球フェスティバルの懇親会でした。

 後日、詳しく記事を書こうと思いますが、昨年アメリカから大学生のチームがやってきて交流試合をしたその2回目が現在開催されています。

 諸事情で今回はアメリカからチームは来られませんでしたが、横浜高校出身でアメリカにわたって野球留学をしていた選手や、アメリカのアカデミーにいて日本で野球をやりたいという選手の2人がゲストで参加し、昨年同様、鹿児島大、和歌山大、東亜大が交流戦をしているだけでなく、山口や高知から高校のチームがやってきて、やはり鹿児島のチームと練習試合をしています。さながら薩摩、長州、土佐、明治維新で主役になった県の後進たちが、アメリカをも巻き込み鹿児島を舞台にして野球を通じて交流を深めている壮大なロマンを感じるイベントです。

 「甲子園には行ってないの?」

 毎年この時期になるといろんな人に言われます。職業柄、当然そこに行っているものと思われているというのはありがたいことです。残念ながら甲子園には行けていませんが、そのかわり、来年の甲子園を目指す、もっといえば5年先、10年先、それ以上の先を見据えた上で野球界の未来や、野球を通じて鹿児島を盛り上げるための、いわば「種まき」を僕自身も当事者になって体感しています。

 今、鹿児島の中学野球は女子の普及に努めています。「その子たちが母親になった時に子供に野球を伝えるため」と中学の指導者をしている高校の後輩が話していました。アメリカからやってきたアレックス君は、ロスにあるアカデミーの出身だそうです。そのアカデミーは、メジャーリーグが出資して大学の中に施設を作り、野球を学びたい人たちを受け入れる場を作ったのだといいます。広く人材を発掘することも大きな目的ですが、貧しくて非行に走る黒人家庭の子供たちを野球を通じて道を正す役割もあるといいます。こういう発想をこれからの日本も学ばないといけないと強く感じました。
【きのうの業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・スポかごNEWS発行
・自転車
・野球取材
・ランニング


 午前中、伊集院球場まで自転車で行こうとしましたが、途中武岡を走っている頃、変速機が壊れました。このまま伊集院まで行くにはリスクが多すぎると判断し、途中で行き先を小野球場に変更しました。

 このところ、いろんなものが故障続きです。カメラは相変わらずおかしいし、ノートPCも微妙に使い勝手が悪いです。明け方は枕元に置いていたメガネをうっかり踏んづけてしまって壊してしまいました。自転車は球場の帰りに買ったところでみてもらったら、ワイヤーがさびているので交換しないといけないということで、修理代4320円がかかりました。そのぐらいで済んで一安心と思っていたら帰りににわか雨に降られました(涙)。

 起こったことには意味がある。普段のメンテナンスや大事に使っていない道具からしっぺ返しを食らったような気がします。
2017.08.08 昔話
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS発行
・家族のサポート


 東京から嫁さんのお兄さんが帰ってきました。
 夜は従兄弟の誠君も呼んでプチ宴会。義兄さんは僕と同い年で鹿実のサッカー部出身、嫁さんは2つ下で鹿女子のバレー部からVリーグに進んだ選手。世が世なら僕は2人とも取材対象だった人たちと家族になり、僕自身は体験したことのない強豪校の日常を昔話で聞くのが楽しかったです。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・中学バレーボール取材、原稿
・読書


 九州中学校バレーボール大会の取材で吉田の体育館へ。
 県大会の時と違って空調が効いていたので助かりました。ただし直ったと思ったカメラは80-200mmのレンズをつけるとまたおかしくなりました。今回はD200を予備で持っていったので撮影に支障はありませんでしたが、ボールペンの調子もおかしく何かとイライラしていました。

 台風の影響で2日間の予定だったが大会が1日集中開催になり、大会方式も変更になりました。男子の朝日・田検、吉野東はベスト8に残ったものの、抽選で外れて全国大会ならず。釈然としないものもありますが仕方ありません。

 別会場の女子の重富や、軟式野球の育英館が全国出場を決めました。育英館の試合は途中経過を速報で見ていました。土曜日の試合と同じく、我慢強さ、粘り強さを発揮したことがスコアからでも分かりました。