【本日の業務】
・事務作業
・オルタナ
・甲子園観戦
・野球トレーニング


 神村学園の初戦は石巻工に9-5で勝利でした。テレビで観る限りは、九州大会と同様、良くも、悪くも、神村らしい野球だったと思います。
 初回、先頭の新納が初球死球で出て、2球目で盗塁、3番・平藪のタイムリーで先制。わずが5、6球の先制劇は神村野球の真骨頂というべき、脚とセンター中心にゴロで打ち返す打撃でした。四回までに4-0。投手力、打力、機動力、そして大舞台の経験…個々の力は明らかに神村が上だと思いました。
 4点目が入った時、「このままワンサイドになるかな」と思いつつ「野球は最後まで何が起こるか分からない」と思い直した直後、石巻工の反撃が始まります。集中打にエラーが絡んで一気に5点が入り試合がひっくり返りました。予想外の展開でしたが、こういう展開でも気落ちせず、逆に発奮して勝利への執念をみせるのが神村野球です。五回表の5点は押し出し、暴投、エラーとまともなタイムリーで取った点数は1点もなかったのではないでしょうか? 「いける!」と思って逆に浮足立った相手のスキをうまく突いた神村らしい点の取り方でした。六回以降は両チーム2番手が踏ん張り、引き締まったゲームになりました。最後、整列して礼をしたとき、神村の選手たちがわざわざグローブを下において、石巻工の選手とがっちり握手を交わしにいったのが印象的でした。彼らの分まで、思いを受け継ぎたちという気持ちのこもった清々しいシーンでした。

 試合後のインタビューでは好リリーフした柿澤が取り上げられていましたが、個人的には捕手・中野のキャッチングを評価したいです。平藪も柿澤もワンバウンドするくらいキレのある変化球が持ち味ですが、彼はこの試合1度も後ろにそらしませんでした。五回の再逆転のところでは相手の捕手が何度か後逸してピンチを広げてしまったのと好対照でした。五回の打席でもきわどいボールを微動だにせず見送り、根負けした相手投手から四球を選んでいました。テレビの良いところは表情をアップでとらえているところで、中野にしても、平藪にしても、どんな状況でも淡々と、平然と、自然体な表情をしています。あの表情が変わらない限り、この試合は大丈夫と思えました。
 次の相手は群馬の健大高崎。少しだけ前の試合を見た限りでは、神村と似て機動力をうまく使ってくる印象があります。楽しみな対戦になりそうです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/98-172678d5