2015.08.27 日記8月25日
11949589_544590242355586_918767291_n.jpg
 このところ、PCでFBの文章を書こうとすると、Enterを押すと文章が勝手に消えてしまいます。なんでだろう? 仕方がないので、メモ帳に下書きしたのをコピペしています。

 夜中は、ただならぬ暴風雨の音に夫婦そろって目が覚めました。鹿児島市内で瞬間風速が45mあったとか。FBでいろんな友人の方が夜中に目が覚めた感想や、木や電柱が倒れたなど被害の様子を伝えています。
 今朝、風も雨も一段落していたので、古新聞をゴミ出ししたついでに家の周辺を歩いてみました。近くにある「野鳥の森」の看板が倒れ、道路は落ち葉が散乱し、一部ががけ崩れしていました。自然の猛威を見せつけられました。野球の市内大会もきのうの段階で早々順延が決まっていたそうなので、きょうはたまっていた原稿を処理しようと思います。

 台風で一番覚えているのは30年前の台風13号です。
 小学5年生の夏でした。風速50mの台風が直撃し、大きな被害が出ました。当時、若葉町に住んでいて、まだ造成前だった今の伊敷ニュータウンのあるあたりの山が、何カ所もガケ崩れで白い地肌を露出させていました。通っていた坂元小の裏山も何カ所か崩れたように記憶しています。
 この年は児童数2000人を超えるマンモス校だった坂元小が、坂元台小と分かれた年でした。まだ本校舎が完成しておらず、台風で台小のプレハブの仮校舎が倒壊したため、新学期の1カ月間ほど、台小の児童が坂元小で授業を受けていました。つい半年前に別の学校に移っていったかつての級友と思わぬ再会をしたことを懐かしく思い出します。

 長雨、桜島の噴火警戒、そして台風…この夏は何かと異常気象に泣かされます。我が家では自転車を中に入れたり、物干しざおや屋外のゴミバケツを片づけておいたので、幸いにして被害はありませんでした。とはいえ、いつ何時、どんな災害が起こってくるか、全く予測ができません。今のところ落ち着いている桜島も、地下では100年前の大正噴火クラスのマグマが再びたまっており、そう遠くない将来に大噴火が起こりうるといわれています。気の滅入る話ですが、自然の猛威には逆らえません。いつ何が起こってもおかしくない覚悟をして、できうる備えをしておこうと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/955-e2659d2e