【きのうの業務】
・事務作業
・ウオーキング
・野球取材
・自転車修理
・ランニング


 おとといの夜、BS朝日で「幻の甲子園」を取り上げたドキュメンタリーを見ました。
 高校野球が誕生して今年で100周年ですが、夏の甲子園の大会数は第97回です。なぜ、この大会数が少ないかといえば、1942-45年にかけて、戦争の影響で大会が中断されたからです。
 41年の第27回大会は地区予選まで行われながら、本大会が中止。翌42年には戦意高揚を目的に文部省が主催し、軍部主導で甲子園での全国大会が実施されました。開催にあたっては、従来の大会を主催していた朝日新聞社が「大会の回数継承」と「優勝旗の使用」を申し入れましたが、文部省が却下したため、今に続く夏の甲子園大会としては記録されていないため「幻の甲子園」と言われているそうです。
 優勝した徳島商に今も残る記念碑のルーツをたどる生徒会の高校生の取り組み、準優勝した平安でそのことを授業で取り上げるために奔走した社会科教師、ベスト4の海草中(現在の向陽高)にいた伝説の名投手について調べる現役の野球部員たち…一つ一つのエピソードが心を打ちました。
 戦意高揚、軍部主導ということで、選手交代の禁止、デッドボールをよけてはいけないなど、無茶苦茶なルールで実施されたといいます。まさしく戦時中・日本の愚かしく、悲しい時代を物語るエピソードです。
 今当たり前のように夏になれば予選が行われ、甲子園大会があり、その1球1打に一喜一憂できるのも世の中が平和であればこそ。今後もその大会が継続していけるように、今を生きる私たちは過去を学び、今できることをしなければという気持ちになりました。
 今、行われている地区新人戦のことをFBやネット記事で記録しているのも、一義的には正確な記録の伝播ですが、最終的にはそこに続けていくために現在の道標を刻んでいるものと考えています。

 きのう市民球場で観戦した鹿児島市内大会の結果です。
◇2回戦①
松 陽 001 000 020=3
鹿児島 030 011 21×=8
◇2回戦②
鹿児島工 000 115 100=8
鹿児島実 300 021 21×=9

 甲子園帰りの鹿実と鹿工の一戦を注目していましたが、両者とも攻守にミスが目立ち、中盤以降は点の取り合いとなる長時間の消耗戦でした。よりミスの多かった鹿工が敗れたのは必然の結果でしょう。ある意味、とても新人戦らしい一戦でした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/953-fd1556c9