2012.03.19 久々の講演
【本日の業務】
・事務作業
・オルタナ
・講演
・ビッグバン


 久しぶりに「講演」なるものをさせていただきました。卸団地組合の経営者の方々を前に40分ほど話をしました。
 人前で話をしたのは昨年「スポーツ指導者養成講座」で1コマ講師をしましたが、僕の名前で「講演」をするのはいつぶりぐらいでしょうか? 記憶にあるのは坂元中で08年に職業訓練の一環で話した時以来でしょうか。テーマは「地域スポーツに夢をのせて」。鹿児島新報時代の話も踏まえてということだったので、久しぶりに著書を読み返し、自分の経歴となぜ今の仕事をするようになったのかを話し、鹿児島のスポーツの話題とスポーツジャーナリズムの役割を説明するのに8年後の国体の話題を取り上げ、最後に今から奄美新聞でやろうとしていることを語りました。
 途中あれこれ説明しだして舌足らずになって、言葉を継ぎ足してこんがらがりそうになりましたが、無難にはまとめたような感じです。「しゃべり」はまだまだ下手くそです。依頼者の方が喜んでいただけたようだったのでホッとしました。講演の後、事務局の方と雑談しました。経営者の皆さんも普段、「鹿児島のスポーツ」というくくりでものを考えたことはめったにないのでしょうが、こういったかたちで話をすると、過去の高校野球の話だったり、自分のゴルフの話だったりといろんなスポーツを楽しそうに語ります。「スポーツは少年を大人に、大人を少年にする」なんて言葉を思い出しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/95-d60ac79f