2015.05.31 準備と心構え
【本日の業務】
・事務作業
・陸上取材
・原稿
・家事


150531-2男子マイル_035

150531-1女子マイル_035
 おとといは灰、きのうは雨、屋外競技には試練のコンディションです。風、雨、気温、湿度…様々な気象コンディションに記録が左右される陸上選手にとっては厳しい環境下での試合でした。
 発想を変えるなら、今、この時期に試合があるとあらかじめ分かっていれば、このぐらいの悪条件は当たり前ぐらいに思って、普段から備えておくことが大事なのでしょう。気象コンディションなど悪くて当たり前、良かったら超ラッキーぐらいに構えて、日ごろから準備しておく。コンマ1秒の勝負を分けるのはひょっとしたらそんな部分かもしれませんね。

 なんてことを朝、FBに書いたら自分自身が気象コンディションに左右される出来事がありました。県総体陸上の最終日。おとといのような灰も、きのうのような激しい雨もなく、気温もそこまで上がらなかったので、比較的快適に仕事ができると思いきや、思わぬ「天敵」が待ち構えていました。
 「湿度」です。僕が使っている望遠レンズは安物で古いせいなのか、湿度が上がるとレンズの中が曇ってしまって、左の写真のように真っ白で何も見えなくなってしまいます。PCで画像処理してやっと右のようにするのが精いっぱいです。
 特に最終種目のマイルの時が最悪でした。仕方がないのでもう一つ用意していたレンズに切り替えたのですが、こちらはどういうわけかシャッターを押すたびにエラー表示が出て連写が利かなくなる始末。しょうがないので男子マイルは普通のレンズをつかったらこれが一番まともに撮れました。
 今朝「悪条件が当たり前。普段からの備えが大事」と偉そうなことを書いていましたが、僕自身「普段からの備え」が足りていなかったことを思い知らされました。だいたい、県総体の頃はそこまでないのですが、梅雨のど真ん中にある南九州では毎回これに悩まされた苦い経験があったことを忘れていました。そろそろちゃんとしたレンズを買わないとな!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/919-f78fa0df