【本日の業務】
・事務作業
・家事
・バスケット取材
・サッカー取材
・野球取材
・原稿


150523IHサッカー02_035
 アサイチは鶴丸体育館でバスケットの取材。中山まで移動して県総体サッカーの決勝を取材し、最後は鴨池でNHK旗を観戦。1日3会場のハードスケジュールでした。

 「鹿実のプライド」「仲間のために頑張る」…そんな言葉がストンと腑に落ちるような高校サッカーの決勝戦でした。
 準決勝の後で鹿実の森下監督と話をしたときに「鹿実のプライド」の話になり、いろんな意味がある中で「泥臭く身体を張ってゴールを守り抜くこと」とその一つに挙げていました。
 決勝戦は風下側でずっとカメラを構えていました。前半、神村が攻め、鹿実が守る側で撮りながら、身体を張って守備するCB2人の姿に森下監督の言葉を思い出しました。先制され、土壇場で同点に追いつき、延長戦で競り勝つ。まさしく泥臭い勝利だったし、その2つのゴールを演出したのがCBの2人だったことも、今の鹿実らしさを象徴しているように思えました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/913-6fcd8e06