【本日の業務】
・事務作業
・家事
・野球取材
・サッカー取材
・原稿


150510-15神村・北庄司_035
 午前中は招待野球を観戦。午後から鹿児島Uの試合があったので、野球は1試合目と2試合目の途中までの観戦でした。
 久しぶりに神村学園の試合を見ました。甲子園以降、故障者も多くて、ベストメンバーが組めず、2年生や新1年生もスタメンに名を連ねていました。甲子園や九州大会では結果が残せませんでしたが、きのうはきっちり勝利。やはり夏の優勝候補一番手には挙がってきそうなチームです。

150510鹿児島U012_035
 リーグ1位と2位の直接対決で、勝てば首位浮上というファーストステージの天王山。今季のホームゲーム最多となる2851人を集めた大一番でしたが、試合終了間際の失点で痛い星を落としました。なかなか互いに点が奪えない我慢の展開の中で、開幕戦のような「極上のエンターテイメント」を期待しましたが、残念ながら結果は真逆になってしまいました。
 試合中カメラを構えながら感じたのは、シュートシーンが過去4戦のホームゲームと比べて少なかったことです。前節とスタメンを5人入れ替えて、戦い方も、これまでのようにパスワークでつなぐというよりも、中盤を飛ばして、3バックの裏のスペースにボールを入れて勝負する戦術をとっていました。それがうまく機能してファーストシュートを放ったり、両サイドに攻め込んでFKやCKのチャンスを作るなど、攻勢に出た時間帯は何度もありましたが、肝心のシュート自体が少なかったです。ゴールが入りそうな「匂い」を感じたのは最後の赤尾のFKのシーンだけでした。
 鹿児島Uの5本に対して相手は9本。数打ちゃ当たるというほど単純なものではないでしょうが、打たないことには入らないのも事実です。「そこがこのチームの課題。崩すことに意識がいき過ぎて、きちんとかたちを作らないとシュートが打てない。ペナルティーエリアの外からでも積極的に打っていく意識が欲しい」。試合後に監督さんがそんなコメントを残していました。
 ファーストステージは残り4試合。順位は5位に後退しましたが、上位5チームは勝ち点差4の間でひしめいており、まだまだチャンスは十分にあります。巻き返しを期待したいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/904-17e4a37c