【本日の業務】
・事務作業
・家事
・野球取材
・原稿


150509-8大島吹奏楽部_035
 きょうは南日本招待野球の初日でしたが、朝からずっと雨。普通の県大会なら早々と順延するところでしょうが、一発勝負の招待野球ですから、簡単に中止にするわけにもいかず、果たして試合ができるかどうか、やきもきしながらバックネット裏で待機していました。
 結局試合開始時間を大幅に遅らせて、午後1時半過ぎにようやくプレーボール。それも6回までの短縮ゲームで3試合でした。6回までの試合だと野球はあっという間に終わってしまいます。本当の醍醐味は7回以降の終盤にあることも多いので、「さぁこれから!」というところで終わってしまったような消化不良感は残りましたが、それでも試合をやらないよりはよっぽどましな一日でした。

 れいめい・火ノ浦君の先頭打者ホームランに始まり、東邦5回の集中打、大島・前山君の好投など、あっという間に3試合が過ぎていきました。東邦は投打ともにレベルが高く、全国クラスの名門の片鱗を垣間見ました。1試合目の5回の集中打から2試合目の樟南戦にかけては、懐が深く、難しいボールにも柔軟に対応する打撃が印象的でした。昨年、センバツで見た平安をほうふつさせるものがありました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/903-51d824b6