大島が4強入りしました。1試合ごとに内容が良くなって、しっかりと地に足つけて野球ができている印象があります。
 13年春の4強からはじまって、同秋、14年NHK旗に続く4回目のベスト4となります。考えてみれば17年間、鹿児島の野球取材をしていて県立のチームで3代続いてベスト4があるのは、あまり例がありません。
 良い投手がいたり、その代の能力の高い選手が集まっていたり、神がかり的な勢いに乗って九州大会出場などの例は何度かありましたが、選手が入れ替わってしまうと戦力が違ってしまう。この辺は伝統のある強豪私学や、野球に力を入れている公立校以外の学校の宿命のようなものでしょう。だからこそ余計に今の大島の頑張りは意味があると思います。
 これは偶然ではなく、過去の先輩たちが積み上げたノウハウが次に生かせているというのも大きな要素です。長期遠征の過ごし方、コンディションの調整、金銭的な部分の確保など、持っている力を発揮するために野球以外の面で何かと考えなければいけない要素がある中、この3年間だけでなく、その前から経験を積み重ねたことを次へ次へと昇華させたことが、昨春のセンバツを含むこの結果につながっていると思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/884-5f6b0f69