【本日の業務】
・事務作業
・写真処理
・野球取材
・自転車
・原稿


150322-23奄美ベンチ前_035
 奄美の前園監督は僕が高校1年で入部したときの3年生のキャプテンでした。
 1年生を対象にした部活動紹介で、他の部がコントや寸劇をしたり、いろいろ工夫を凝らしていた中、野球部だけは「3年間、続ける気がある人だけ入ってください」と主将が一言だけ言って去っていきました。その潔さ、これ以上ない明確さに感動したことを今でもはっきり覚えています。

 4年前から奄美の監督になって、なかなか思うように結果が出ない中、「鴨池の大舞台で普段通りの力を発揮するためにどうすればいいか?」を常々言い続けていました。その成果が昨春のベスト8でありNHK旗初出場だったと思います。
 きのうの試合でも、勝利はできなかったけど、揺さぶるのが得意な相手に惑わされることなく、自分ができることを精いっぱいやっている姿が印象的でした。
 この4年間、勝っても負けても前園監督は「日常生活が大事」とどんな試合の後でも言い続けていました。その方針をぶれずに徹底して、チームが成長したことを野球が物語っていたと思います。
 監督の人柄も、20数年前、部活動紹介をひとことで済ませて颯爽と去っていった潔さそのままです。この春の異動で奄美を離れますが、新天地でも活躍していただきたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/874-70c73046