【日記2月23日】
 和田中学校であった中村文昭さんの講演を拝聴しました。
 「返事は0.2秒」
 「頼まれごとは試されごと」
 「できない理由を探さない」
 「今できることを精一杯やる」
 改めて指摘されなくても、知っていることなのに実践できてない自分を反省。
 これらの実践を「できる」「できない」ではなく、自分の中に自分でスイッチを入れて「やる」か「やらない」の積み重ねで大きな違いになる。一歩踏み出そうと背中を押してもらった講演会でした。


【本日の業務】
・家事
・グッドウエーブ取材
・千葉ロッテ取材
・原稿


 午前中はバドミントンのクラブチームの代表を取材しました。
 先日、「人材の好循環」についてのトピックをFBに書いたら、友人から「面白い取り組みをしている人を知っているので、ぜひ取材してみては」という案内を頂きました。
 午前中じっくり話を聞き、その活動に興味が湧いて、夜は予定をキャンセルしてそのチームの練習を見学に行きました。詳しくは記事にまとめますが、こんなかたちが軌道に乗り、「人材の好循環」が実現することを広く発信することが僕の仕事なのだと強く思いました。これから鹿児島国体まで「好循環の『かたち』」と題して不定期に連載していこうと思います。

 午後は千葉ロッテの二軍と韓国ロッテの練習試合を取材しました。
 たまたま「プロ野球 鹿児島県人を応援する会」のFBでこの試合に鹿情報高卒の二木君が先発するという話が出ていたので、午前中別取材をした帰りに県立球場に寄りました。
 試合開始の1時に間に合わなくて初回は見逃しましたが、二回の1イニングだけじっくり見ることができました。パッと見た第一印象は身体がだいぶプロらしく出来上がってきたことと、フォームがきれいになったことでした。
 三塁側のカメラ席に下りて投球フォームを撮影。2年5カ月ほど前、彼が高2の秋の県大会で投げたとき、同じ位置からフォームを撮影したことを覚えていたので、あとでファイルを探してみるとその違いは一目瞭然でした。
150224二木01
150224二木02
 ちょうど投球動作のトップを作る瞬間のあたりが、一番分かりやすかったのでここにも写真をアップしておきます。詳しい解説はできませんが、身体の開きが早くて力が抜けてしまっているような高校時代に比べて、しっかりとしたためができて身体の軸回転を使って力強く投げていることがよく分かると思います。
 残念ながら結果は打ち込まれて、本人いわく「点数がつけられない」ほど悪い出来でしたが、プロに入って着実に進化していることは実感できました。
 試合のあと、話を聞きたくてグラウンドに下りると、顔見知りのスカウトの方が親切に本人につないでくださいました。短い時間でしたが、高校時代を知る選手の成長を間近で見ることができて、楽しい時間を過ごすことができました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/869-9cb18042