【本日の業務】
・事務作業
・家事
・SCC打ち合わせ
・原稿
・ランニング


10984722_458687704279174_1729418800_n.jpg
 水曜日の南日本新聞のスポーツ振興審議会の記事を見て、感じたこと、国体を契機に「人材の好循環をどう作るか」を考えていたら、たまたま午前中、SCCがやっている「トップアスリート派遣事業」の登録にうちの嫁さんが行くということでついていきました。
 うまくいけば3月からある総合型スポーツクラブのソフトバレーボール教室の講師として派遣されることになりそうです。
 実現すれば、彼女は自分の使える時間の範囲内で、大げさにいえば、高校時代に全国大会に出場し、Vリーガーとしてやってきた「経験やスキル」を「地域に還元する」ことができます。
 もちろん、そのことで彼女がバレーの指導だけで食べていけるほどの収益を得られるということでは全くありませんが、「人材の好循環」モデルの実践例を、期せずして僕は間近で体感できることを楽しみにしています。

 3年前に全く同じテーマで「年中夢求」のコラムを書きましたが、僕自身がそういう道を探す取り組みを忘れていました。批判するのは大いに結構だけど、それだけで終わったら意味がない。大事なのはどうすれば実現できるのかの道筋を提案すること。これが僕のこの仕事をする上での信条です。
 そんな文章をFBにアップしたら、いくつか共感のメッセージを頂きました。自分の考えは間違っていなかったし、そういう発信を続けていくことが僕の使命だと心強いものを感じました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/865-94e53f97