141228-30新婚旅行029_035

 2泊3日の日程で、湯布院に行ってきました。年の瀬にささやかな新婚旅行でした。

 湯布院のペンションのような温泉宿に宿泊し、金鱗湖を中心に湯布院の街並みを堪能。2日目は別府まで足をのばして「地獄めぐり」8か所を満喫してきました。小さな街なのに観光客が多くて驚きました。

 自撮り棒で写真を撮っているのは、たいていが韓国や中国の旅行者の方だとか。湯布院でも、別府でも、そして、桜島や城山展望台など鹿児島の観光地でも、近頃はこういった国からの旅行者を多く見かけます。政治的なことや、過去の歴史認識など、様々な摩擦はあっても、こうした民間レベルでは普通に交流できていることは大事にしたいものです。

 事前の天気予報では、雨や冷え込むような予報が出ていましたが、3日間とも穏やかな晴天に恵まれて、一安心でした。あちこち歩き回って、普段運動していない嫁さんは脚が痛くなったとか。動き回った分、何度も温泉に入ってリラックスできたし、宿の食事も豪華で、心ゆくまで旅行を満喫できました。

 これまで、僕にとっての「旅行」はイコール「出張」でした。重い荷物を背負い、時間を気にしながら、いかに手際よく仕事を片付けるかにあくせくしていました。
 もちろん、合間合間に美味しいものを食べたり、そこでしか会えない人に会ったりする楽しみはありましたが、こんな風にパソコンも持たず、ただただ楽しむだけの旅行をしたのは、いったい、いつぶりだろうかと振り返ってみました。

 これから、こういった楽しみを定期的に作れるように、来年も頑張ろうと誓った2泊3日の湯布院旅行でした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/841-eca87436