2014.12.14 選挙に思う
【本日の業務】
・事務作業
・家事
・選挙
・原稿
・レノヴァ取材
・衆院選取材


10406700_430267247121220_6705267322586516486_n.jpg

 今回の衆院選は、戸籍が変わって記念すべき最初の選挙であることに気づきました。
 投票案内の葉書に選挙案内のハガキに自分と嫁さんの名前が載っているのをみて、新しい戸籍になったことを実感しました。朝一番で2人で草牟田小に行き、投票をすませました。選挙は長い歴史を経て人民が勝ち取った権利であり、義務であり、そして責任だと思います。小さな1票だけど、これがこの国の政治を良くする一歩だと信じて、投票してきました。

 午後はレノヴァのホームゲームを取材。自公政権に対抗できない野党のように、今のレノヴァもまだまだ力不足です。ただ「野党」と違って、やろうとする方向性はしっかり持っているし、少しずつそれがかたちになっている手ごたえはあります。きのうよりもきょう、きょうよりもあす、地道な積み重ねを繰り返していけば、必ず道が開けると信じたいです。

 夜は、選挙取材である候補の陣営に張り付きました。これまでも何度か選挙取材はしましたが、当、落選いずれの候補の場合も選挙事務所は支援者らがごった返し、カメラを構えるスペースを確保するのに苦労しました。今回訪れたところは、支援者も取材陣も驚くほど少なく、選挙取材をしている緊張感が持てませんでした。今回の選挙自体の盛り上がりのなさを象徴しているように思えてなりません。

 小泉進次郎氏は「熱狂なき選挙、熱狂なき圧勝」と述べていました。今回の選挙を的確に表現していると思います。投票率は戦後最低を記録しそうだとか。与党は大勝しましたが、2年前と同じく、熱狂的に支持されたというよりは、他に選択肢がなくて消極的に承認されただけであることを忘れてはならないと思います。
 野党に力がなく、原発再稼働や、憲法改正など、賛否が分かれる政策は避け、自らの掲げる経済政策の信任に争点を絞った安部首相の狡猾な選挙戦略がうまくいっただけの話です。
 有権者の半数近くが棄権するのは由々しき事態です。苦難の歴史を経て普通選挙を勝ち取った先人に申し訳ないです。このことは有権者も政治家も真剣に考えないと、日本はどんどんいつか来た悪しき道へ逆戻りしかねません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/834-da51f98a