2014.09.26 日記9月27日
【27日の業務】
・事務作業
・家事
・野球取材
・原稿
・仁誠塾


 土曜日は午前中姶良、午後は県立鴨池に移動しての取材でした。
 午前中に観た徳之島は今季ひょっとすると台風の目になるかもしれません。これまで盗塁などの「足攻」が代名詞になっていた徳之島ですが、今季はそれに加えて打力があります。夏3年連続ベスト16、1点差負けでベスト8以上入りにあと一歩届かなかった要因をたどりながら、例年以上に打撃強化に取り組んだそうです。
 午後に観た志布志―沖永良部戦は、どちらも部員は13人、12人と少ないチームですが、人数の少なさを感じさせない引き締まった好ゲームでした。投手がしっかりしているとゲームが作れる見本のようなゲームだったと思います。

 夜は久々に仁誠塾に参加。テーマは春夏秋冬理論に基づく「人生の波を知る」でした。個人の人生でも社会でも、いろんな「波」があり、その流れにうまく乗ることの大切さを学びました。
 自分が今、どんな波の状態にあるのかを知るためには、自分の過去の出来事を振り返って年表を作ってみるのが一番です。短い時間の中で、直近の過去12年を軽くおさらいしてみましたが、驚くほど波の波形と春夏秋冬の流れが一致していることに気づきました。
 ちなみに今の僕は「秋の2年目」。いわゆる「収穫」の時期であると同時に、次の12年に向けての種まきも考えなければいけない時期です。いろんな「変化」をしなければいけない時期に、結婚したのは意味深いことだと思っています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/807-3aab1590