【8月30日】
140830レノヴァ丸山_035
 レノヴァのプレシーズンマッチがありました。またバスケに熱くなる季節が近づいていることを感じたかったのですが、九州学生チャンピオンの日本経済大に敗れて残念な結果に終わりました。
 「自分たちがやりたいことを相手にやられてしまった」「自分たちが弱いことを自覚して、きょうから気持ちを入れ替えてやらないと」…試合後のヘッドコーチの話を聞きながら、どこかで聞いたような気がするなと思ったら、何のことはない昨年のプレシーズンで全く同じ内容の記事を書いています。

 「自分たちが弱い」ことを自覚してスタートした昨季は、強くなりそうな雰囲気は作りながら強くなることはなく、9チーム中6位で終わりました。今季は昨季までいたメンバーが大幅に入れ替わりました。これまで以上に結果を残さないと、新しいファンを開拓するどころか、これまで応援してくれたファンからも見放され、鹿児島にあるレノヴァというプロバスケチームは埋没しかねません。

 この日は初めて嫁さんにレノヴァの試合を観戦してもらいました。
 後半、レノヴァのゴールサイドに移動してみたときには「迫力がある」と感じたそうです。一方で「眠くなった」とも。
 的確な論評だろうと思います。元実業団のバレーボール選手ですが、バスケットは素人です。ルールも分からない、プロの試合を今まで見たことない彼女のような人たちを、「お金を払ってまた見に来たい」と思わせなければプロではありません。7年間、見続けて僕にとっては見に行くことが「当たり前」になったレノヴァのバスケットですが、それがプロスポーツが成り立つ原点であることを思い知らされたひとことでした。

10620655_378964848918127_1562271178563357037_n.jpg
 夜は十三会のレクレーションでサンロイヤルホテルでビアガーデン
嫁さん同伴で参加したら、きょうが誕生日の彼女のためにサプライズでケーキが用意されていました。十三会の皆さん、ありがとうございました!

【8月31日】
・マスターズ甲子園県予選2回戦(小野球場)
阿久根 000 001 0=1
鶴 丸 000 020 ×=2

 鶴丸は2点を守り切り、辛くもベスト8進出を決めました。
 何かにつかれたかのようにヒットが出ない中、五回に5番・轟木さんのタイムリー三塁打と内野ゴロで2点を先取。打ったヒットはこの回の1本のみと打線が振るわなかった中、4投手の継投で相手打線を封じ、しびれるような接戦をものにしました。
 僕は四、五回の2イニングを7番・ライトで出場。守備機会はなく、1打席回ってきてレフトフライでした。
 6日に準々決勝があり、14日は準決勝、決勝がダブルヘッダーです。今年はいずれも出場できそうなので、体重を80キロ以下に絞り、体調を万全に整えてチームの勝利に貢献したいです。

 試合の後は伊集院まで自転車。今月のラン&ウオーク&バイクの合計で300キロという目標を立てていて、残りが35キロでした。始めたばかりの最初の月で目標に届かないのも悔しかったので、試合で疲れた身体に鞭打って走りました。
 小野球場から、県の射撃場を越え、パールランド病院までつづら折れで続く坂道がきつかったです。途中のチェスト館で休憩して、引き返そうかと思いましたが、走り出すとなぜか車は伊集院方向を向いていました。
 信号もほとんどない田舎道だったので、初めて自転車が楽しいと思えました。月間走行300キロもクリアし、気分が良かったです。

 夜は8月30日生まれの嫁さんと、9月1日生まれのお義母さんを祝って、新上橋の「やぐら寿司」でお食事。8月は緊張の糸が切れたみたいにダラダラ過ごす日が多くて反省しきりでしたが、最後の一日はビシッと締めくくれて良かったです。 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/796-a23c09dc