2014.07.24 両者に拍手!
【本日の業務】
・事務作業
・ウオーキング
・オルタナ
・床屋
・買い物
・野球取材
・原稿


140724_6.jpg

140724_8.jpg

140724_7.jpg
 決勝戦の速報と、決定的瞬間の1枚をFBにアップしたら、「いいね」とコメントの数がかなりの数になりました。「いいね」が200を超えたのは結婚報告以来でしょうか。

 きょうの決勝戦は、この1年間を締めくくるにふさわしい両チームが勝ち上がり、ふさわしい好勝負でした。勝った鹿屋中央にも、敗れた神村学園にも、両者に拍手を贈りたくなりました。
 大隅から初の夏の甲子園がついに実現しました。昨年の尚志館のセンバツに続き、今年の大島のセンバツ、この夏の4強を鹿児島市外の地域の学校が占めたこと、そして鹿屋中央の夏…鹿児島の野球史が大きな転換期を迎えた瞬間に立ち会うことができました。
 マウンドで視野が狭くなり、力勝負に行って痛い想いをしてきたエース七島君が、あの決勝戦はチームを投打と気持ちで引っ張っていました。山本監督が優勝インタビューで、一塁側応援席と鹿屋、大隅半島に頭を下げていたシーンも心打たれました。反対側の三塁側では神村・小田監督が人目をはばからず男泣きしていた姿も響くものがありました。
 長く、熱かった夏を素晴らしい試合で締めくくってくれた両校に拍手です。鹿屋中央の甲子園での活躍を期待します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/782-e798a54c