【本日の業務】
・原稿
・事務作業
・野球取材


 午前中の雨の影響で、野球は予定された6試合のうち5試合が順延となりました。皮肉なことに順延が決まってから雨も上がってさわやかな晴天が広がりましたが、仕事を早く片付けて、比較的のんびり過ごすことができました。

 夜、MBCテレビの「テゲテゲ」に長渕剛さんが生出演していました。母校・鹿児島南の後輩たち1人1人に真剣に向き合い、熱く語る姿に感銘を受けると同時に、それを見ている鹿児島の僕らも、今のままでいいのかと熱い喝をいれられたように思いました。

 2004年の桜島ライブから今年でちょうど10年になります。ふと、僕にとってのこの10年がどうだったのか、考えてみました。
 ちょうど10年前、鹿児島新報が廃刊になり、僕は「鹿児島のスポーツを盛り上げよう、スポーツで鹿児島を盛り上げよう」をスローガンに掲げて、鹿児島からスポーツを発信する活動を自分で始めました。この間、ふさぎ込んで動けなくなる時期もありましたが、基本的な理念はブレずにやってきました。
 4冊の本を出版し、奄美新聞とご縁ができたことで、スポーツに加えて、血の故郷「奄美」を発信することも僕のライフワークになりました。菜の花マラソンのベストタイムは約1時間縮めることができました。身体的な能力は20代の頃より、間違いなく良くなっています。つい最近の話ですが、人生最良のパートナーにめぐり会い、不惑を前にして一家の主の道をスタートすることができました。

 この10年は、ちょうど30代の10年と重なります。いろいろありましたが、着実に前に進んでいる手ごたえはあります。でも、まだまだまだまだ…×100です。10年前、不可能と思われた桜島に7万5千人を集めて野外ライブをやり切った長渕さんは本当にすごいと思いましたが、あの頃がまだまだ青いと思えるほど、今の長渕さんはもっと進化しています。
 いつまでも俺を「アニキ」と崇めるのではなく「いつか長渕を超えるビッグな男になってやる!」そのぐらいの意気込みの人間が鹿児島から出てきてほしい。そんな風に心の中で叫んでいるように、僕は思いました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/772-c2fdec5a