2014.07.13 長渕剛に学ぶ
【本日の業務】
・事務作業
・家事
・野球取材
・原稿


140713樟南二アウト_035
 このところ、長渕剛さんをテレビでよく見ます。最近ベストアルバムを出したのと、この8月で桜島野外ライブから10周年の節目を迎えることがあるようです。
 土曜日のNHKであった番組では、若手のコメディアンの「売れるためにどうすればいいのか?」という質問に対して「自分の作品を作り続けるしかない」と答えていたのが印象的でした。
 長渕さんは博多から東京に出ようとしていた頃、300曲ぐらい自分で作った歌がありましたが、東京に持っていってちゃんと出した歌は2曲しかなかったそうです。それぐらい伝えたい想いや表現したい世界を、血反吐を吐くような想いを何度も繰り返しながら、出して出して出し続けて、今の長渕剛という世界を作り上げてきました。
 長渕さんは歌、コメディアンはネタ、そして僕は文章と写真、それぞれジャンルは違っても「表現」の世界に生きている点では共通しています。僕も決して「売れている」とは言い難い人間ですが、日々書いてる原稿や写真は僕の「作品」です。これを磨いて、磨いて、精進して、自分なりの表現世界を作りたいと思いました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/771-927760d8