【本日の業務】
・事務作業
・家事
・野球取材
・原稿
・鹿児島安陵会取材


 奄美のチームの試合はありませんでしたが、1点を争う緊迫した好ゲームが多かったです。
 「夏は本当に分からない。過去の実績は関係ない」
 ある監督さんがしみじみ話していましたが、まさしくその通りだと思いました。昨秋対戦したときは10-3でコールド勝ちだった鹿実VS種子島戦は、1-0の大接戦でした。種子島のエースの成長ぶりがすごかったし、全くミスなく勝ち切った鹿実も見事でした。伊集院―吹上戦、国分―岩川戦は9回二死からの逆転サヨナラ劇でした。「勝負は最後の最後まで分からない。あきらめてはいけない」。言い古されたセリフだけど真実だと思えた一日でした。

 夜は、鹿児島安陵会の取材へ。参加者約130人全員に拙著「センバツ出場の軌跡」が配られていたのには感激しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/770-05276163