2014.04.28 男飯
【本日の業務】
・事務作業
・コンタクトレンズ交換
・読書
・原稿
・オルタナ
・十三会役員会


10245559_321921427955803_3989244950786363999_n.jpg

 朝、冷ご飯を眺めながらふと料理がしてみたくなって、炒飯を作ってみました。
 いわゆる「炒飯の素」を使うのは学生時代などにしたことはありますが、今回は母親に「コーチ」になってもらって、我が家の自家製にチャレンジしてみました。
 まずはニンジン、玉ねぎ、ピーマンと豚肉を千切りにします。最後に香りづけにするために白ネギも刻みました。千切りのコツは縦に切ってから横に刻むこと。フライパンを温め、とき卵を炒め、出来上がったら端にどけて、野菜と肉を炒めます。ある程度火が通ったらご飯を入れ、胡椒とオイスターソースで味付けします。
 かかった時間は15-20分ぐらいでしょうか。このぐらいなら材料さえあればさっと自分でできそうです。
 野菜の切り方や、炒める順番など、「コーチ」のやり方は細かい配慮や気配りができていて感動しました。世のお母さんは日々こんなことに神経費やして家族の胃袋をささえていることに感謝の気持ちがわきました。

 そんな話を仁誠塾のラインで書いたら、F先生から「醤油とバターとニンニクを刻むともっと美味しくなる」とメッセージがありました。きょうは終日家で作業だったので、お昼は早速そのアドバイスに従ってやってみました。豚肉の代わりにソーセージを買いました。ニンニクも自分で刻もうかと思ったら、スーパーの調味料のコーナーに「粗挽きガーリック」というのがあったのでこれで代用しました。我が家の定番とはガラリと性格が変わりましたが、確かに美味しいです。こうやって応用を利かすことで、レシピが増えていくんですね。良い「花嫁修業」ができました。(笑)

 夜は嫁さんを実家に呼んで、新居の家具、家電などをどうやってそろえるかを話し合いました。引っ越しは5月8日。気がつけばもう2週間を切っており、5月12日の入籍までちょうど2週間です。日々の雑事に追われて未だに実感がわかないのですが、最初からうまくやろうと構えず、ボチボチと生活のリズムを作ろうと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/710-a348be66