2014.04.25 足音
【本日の業務】
・事務作業
・原稿
・内定率取材
・久保先生取材
・SCC


 午前中はきのう取材した陸マガの原稿を書いていました。午後は先日、巨人戦で撮影した写真を久保先生に届けに鹿実のグラウンドへ。先生が来るまでの間は宮下監督と雑談。久保先生、原監督、定岡さんの3ショットはある意味、貴重です。久々に「球道夢現」のコラムを書いてみようと、久保先生に昔話を聞きました。

 夕方はSCCの練習。だんだんと暑くなって、長距離にはきついシーズンになります。きのうは女子高の昼間の練習で一緒に走りましたが、早くも夏を思わせるような陽気の中で走って、終わった後の疲労感が今まで以上にありました。
 そのせいか、きょうは夕方の涼しい時間帯のランでも今一つ調子がつかめません。何かしっくりいかないものを感じながら45分の変化走をしていたら、鈴木コーチから「足音がしてますよ!」と指摘。調子の良し悪しをはかるバロメーターが足音で、バタバタと大きな音がするときは調子が悪い時です。スムーズな接地ができず、余計な力が脚にかかっていることになります。足音をなるたけたてないような走りを心掛けたら、ようやく楽に前に進める感覚が戻ってきました。
 こういうとき、クラブで練習していてコーチに見てもらっているありがたさを感じます。鈴木コーチは陸上およびフィジカルトレーニングのスペシャリストですから、その眼は確かです。調子が良くない時の修正ポイントが一つできて良かったです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/707-5b838146