【本日の業務】
・事務作業
・川薩清修館陸上部取材
・SCC
・マスターズ飲み会


 センバツに始まった春の高校野球は一段落しましたが、僕の仕事は続きます。
 午前中はこの前、大ポカで撮りそこねた川薩清修館の陸上部の練習風景の写真撮影に行きました。2度手間をかけてしまいましたが、かえって練習内容がより深く理解できて良かったです。前回に引き続き、僕も運動ができるウエア姿で参加しました。さすがに短距離のダッシュの練習には参加できませんでしたが、練習の「肝」であるミニハードルなどを使ったドリルは部員と一緒にやってみました。
 監督さんから「脚のさばきがうまいですね」と褒められました。こういう練習はこの10年以上、SCCでみっちりやっているのでそれなりにさまにはなっているようです。遊び感覚ですが、自分で体験してみることで動きのコツが一番理解できます。後ろでかき込むことなく、前でしっかり切り返して地面をとらえる。高校生でも、初めて陸上をやる子と、これまでしっかりやってきた子の違いは一目瞭然でした。取材以外で6年後の鹿児島国体や、鹿児島のスポーツ施設についての話など、深い話で盛り上がれたのも良かったです。

 帰宅して一休みしてからSCCの練習へ。きょうは3キロ、2キロ、1キロ、間は3分間ジョッグでつなぐセット走でした。距離が短い分、スピードや大きな動きを意識する練習です。距離が短くなるごとにスピードをビルドアップさせることがコツです。最初の3キロを1キロ4分ぐらいでいくつもりでしたが、1周目を1分47秒のハイペースで入ってしまって、狂いが生じました。結構楽に行けていたつもりでしたが、2周目以降かなり苦しくなり、2分、2分10秒までガタ落ちでした。これでは練習にならないと反省し、次の2キロは1周1分55秒ペースぐらいで、しっかりスピードをコントロールしました。最後の1キロは女子NO1のS留さんと競走みたいになってしまって「3分45秒でいこう」と言ってたのに、3分33秒とかなりペースアップしてしまいました。結果的にはビルドアップできていたので良かったです。

 夜はマスターズの飲み会。4月から始まる九州大会予選、7月から始まる本大会予選の組み合わせが決まりました。今年からは若手の参加基準も緩和されたということで、20代の若手連中も大勢集まり、良い「決起集会」になりました。僕自身も、先日取材で甲子園におじゃまして「あのグラウンドで野球をしてみたい」夢が膨らみましたので、その想いを仲間に話しました。マスターズに向けての調整も始めようと決意した夜でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/694-fe2137de