【本日の業務】
・事務作業
・朝ジョッグ
・平安練習見学
・京都探訪
・原稿
・大野社長と懇親会


1964936_309126985901914_758591543_n.jpg
 甲子園の初戦を前にして、京都へ行こうと思い立ったのは、別に学生時代のノスタルジーにひたるため(でもありましたが…)ではなく、大高の対戦相手・龍谷大平安を見ておきたかったからです。
 京都新聞の同級生に聞くと、学校の専用球場で朝から練習しているというので、良い機会だから京都に行ってみようと思いました。新大阪から新快速で京都へ。なんだかんだで京都に行くのは、02年にあった後輩の結婚式以来12年ぶりでした。
 京都駅の駅ビルは僕が大学4年の頃に新しくなり、駅ビル内にあるJR京都伊勢丹で半年ぐらい契約社員みたいなかたちでアルバイトしていました。京都から市営地下鉄烏丸線に乗り、御池で東西線に乗り換え。学生の頃は東西線は走ってなかったです。御池から20分ほど走った醍醐駅で降り、そこからタクシーで5分ほどのところに平安のグラウンドはありました。
 そこでの体験があまりに面白かったので、奄美新聞の試合当日掲載記事は平安の練習見学レポートになりました。
 平安の監督さんとは、練習前にやっているボディーワークの話できっかけができ、野球談議や指導論、いまどきの若者論など、様々な話題で話で盛り上がりました。
 通常なら投手はどんなボールを持っていてとか、注意打者がどんな選手かなどを取り上げるのでしょうが、このチームの練習や監督さんの考え方を聞くうちに、これはそういったことを紹介した方がいいのではないかと思いました。詳しくは「スポかごNEWS」の記事を読んでください。

532207_309161809231765_2116202828_n.jpg
 午前中で、一通り取材は終わったので、午後は久々の京都を堪能することにしました。
 東西線で御池に戻り、烏丸線に乗り換えて今出川駅で下車。この辺の雰囲気は僕が学生時代とちっとも変りません。駅の出口を抜けるときは「あぁこんなところを通って通学してたな」と懐かしさで、うるっときました。
 大学の様子は去年の大河ドラマ「八重の桜」でも紹介されていて、キャンパスが新しくなったことは知っていましたが、実際新しくなっていました。以前は同志社中学があったところが改修されて、大きな建物ができているし、通路がきれいに舗装されています。僕らが学生時代にフレッシュコンサートやフェアウエルコンサートをした学館ホールは取り壊されて、新しい建物になっていました。
 同志社時代の仲間、特に合唱団やゼミ関係の人なら分かる場所をあちこち回っていました。
 今出川キャンパスの通りを挟んで向かいにあったに「ニュー北京」はなくなっていました。新町キャンパス前の「馬馬虎虎」は看板だけ残っていましたが、中は別のお店でした。そこでお昼を食べ、お店の人に聞いてみると、経営していた人が変わったのだそうです。
 16年前まで、2年間住んでいたマンションは今でもありました。周りの様子が変わっていて、探すのに少し苦労しました。たいていは自転車で通っていました。ふと思い立ってそこから大学までの距離をウオーキングしてアプリで計ったら2キロありました。御所の中も少し歩きました。
140324京都06
 最後は四条川原町から鴨川、先斗町のあたりを散策。学生時代にアルバイトしていた先斗町の喫茶店は閉店してましたが、おかみさんが特別にあけてくださって、なぜか当時と同じコーヒーを作らされました(笑)。この数時間、「場所」だけをたどっていた中で、唯一当時を知る人と会えて良かったです。
 午後の短い時間でしたが、学生時代の2年あまりを駆け足でたどってみて、英気を養うことができました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/683-fbbcb6b9