【本日の業務】
・事務作業
・大阪出張
・記者証受け取り
・取材


1966800_305550869592859_1587568499_n.jpg
 きょう、あすとセンバツの抽選会の取材で大阪へ。
 初めて新幹線を使いました。「みずほ」ではなく「さくら」だったので4時間あまりかかりましたが、それでも格段のスピードです。思えば20年ほど前、大学受験で博多に行ったとき、特急を使って5時間以上かかり、大旅行をした気分になりました。それよりも早く大阪まで着くわけですから、「文明の進歩」を感じます。

 新幹線に乗ったことをFBに書いたら、学生時代の先輩が「鹿児島から大阪まで新幹線で行ける」ことを初めて知って驚いていました。つい先日の3月12日に開業3年を迎え、鹿児島に住む我々や九州管内に住む人には当たり前になりまsたが、まだそのことを知らない人がいることが驚きでした。考えてみれば、いざ開業を迎えようとした前日に東日本大震災があり、鹿児島で予定されていた様々な開業イベントや、地元各局が用意していた特番も軒並み中止になりました。
 もし震災がなかったら全国的なニュースにもなっていたでしょうから、九州以外の人も「新幹線が開通した」ことぐらいはもっと知っていたかもしれません。当時は未曽有の大災害でテレビも新聞もそれ一色でしたから、開業したことを知らない人も意外に多いのも無理からぬ話しです。

 お昼過ぎに新大阪について、在来線に乗り換えて大阪駅へ。大阪駅の駅ビルがものすごく大きくなっていて驚きました。学生時代、4年間を京都で過ごし、特に就職活動などをしていた頃は、しょっちゅう大阪も行き来して、梅田近辺は土地勘があるつもりでいましたが、一つ巨大な建物ができたことで、距離感や方向感覚がおかしくなり、最初の目的地にしていた阪急梅田近くのホテルを探すのに苦労しました。
 都会に出てくると「人波」という言葉が実際に存在することを実感します。幾多の人が波のように思い思いの方向に歩いていくのが日常化した光景は、鹿児島ではあまり見ることがありません。ぼんやりしていると波に呑みこまれ無機質な人間になってしまいそうな恐怖を久々に感じました。

 ようやくホテルを探し当て、重い荷物を置き、身軽になって近くの飲食街で昼食。天ぷら屋で天丼定食を食べていると目の前に「富乃宝山」「黒霧島」の一升瓶が置いてあります。全国的な焼酎ブームはもうだいぶ以前から聞く話ですが、実際に県外に出て当たり前に芋焼酎がふらっと入った店にもあるのを見て、うれしくなりました。
 会計をするときに、雑談すると、焼酎はもう当たり前に置いてあるし、大阪駅の変貌ぶりもここ2、3年の話なので、地元の人も戸惑っているとか。人心地がついて、ようやく落ち着きました。
 きょうの一番の目的は難波にある共同通信の大阪支社に行って、記者証を受け取ることです。たまたま奄美新聞の部長さんと知り合いという方がいらして、その方宛に島の黒糖焼酎を預かっていました。4時におじゃまするということで、少し間が空きました。
 せっかくなので、次にここにきて取材する際の移動がスムーズにできるよう、あちこち動き回って、土地勘を取り戻すことに専念しました。一番大事なのは阪神電車の駅です。甲子園取材の大動脈ですが、阪急、JR、阪神と位置関係が分からないと戸惑います。歩き回っているうちに、学生時代やかつて甲子園取材をしていた頃見覚えのある光景をみつけ、ようやく地に足をつけて取材できそうな手ごたえを感じました。

 考えてみれば、関西に来るのは、06年6月に障害者陸上の全国大会に目の見えない人の伴走で来て以来8年ぶりです。このときは団体旅行でしたから、流れについていくだけでよかったです。甲子園は05年のセンバツ以来9年ぶりですが、あの時は宿所が甲子園の近辺で、梅田近辺ではありませんでした。
 実際に梅田の辺りをちゃんと歩いたのは、03年夏、鹿児島新報で最後に甲子園取材をして以来11年ぶりのことです。「浦島太郎」気分になるのも、無理からぬことでした。

923490_305573339590612_1201174443_n.jpg
 3時過ぎに難波に移動し、まだ時間があったのでジュンク堂書店に行き、スポーツ本のコーナーを散策していると、昨年出した拙著「鹿実VS薩摩中央」が1冊売っていまいた。
 新幹線の車中で、この本を初めて最初から最後まで読者として読みました。試合を表現する感覚だったり、この10年あまりの鹿児島の高校野球の歴史をおさらいできて良かったです。締めくくりが昨春の尚志館のセンバツでしたが、このときに喜界の監督さんが「残る悲願は離島からの甲子園だ」と言ってたのが、まさかその翌年にこんなかたちで実現するとは思ってもみませんでした。そんな「歴史の流れ」を確認する上でも、手前味噌ですが拙著は役に立ちます。本を出すのは何かとしんどい作業ですが、出して良かったと改めて思えた出来事でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/672-18957e08