【本日の業務】
・事務作業
・レノヴァ取材
・キックオフパーティー取材
・原稿


1920135_301939696620643_1609806867_n.jpg
 前の晩のミーティングでレノヴァの小原コーチは「あす勝つことに集中してやるべきことをやり切ろう」と話していました。
 朝起きてから、僕自身がやるべきことは何だろうと考えました。先月の反省や今月の計画を手帳に書くこと、4カ月近くため込んでいた新聞のスクラップなど、面倒がってつい後回しにしていたことをやろうと思いました。
 新聞は10月からたまっていました。ちょうど秋の県大会で大島が4強に入った頃の記事です。センバツの決定で忘れかけていましたが、大高がどんな野球をしてきたチームだったかを振り返ることができました。10月の1カ月分だけでしたが、レノヴァの今季開幕戦の頃の記事も読み返してみました。あの頃よりも成長した部分、まだまだな部分が比較できて良かったです。「過去を記録する」という自分の仕事の本質がこういう作業に表れています。
 レノヴァの試合には、持っている限りの「レノヴァグッズ」を見に着け、僕なりの精一杯の「願掛け」をして取材しましたが、30点差の敗戦でした。記事は試合後にもらった記録の数字を中心にまとめてみました。

 写真を整理しながら、最後のハイタッチで子供たちや女の子の、屈託ない素敵な笑顔に勇気づけられました。昨年のように首位を争うような好カードで連勝というような「極上のエンターテイメント」は届けられていません。観客の数もあの頃よりは少なくなっています。それでもこんな笑顔でチームを迎えてくれるファンがいる限り、希望はあります。この人たちの期待に応え、こんな笑顔になれる人を1人でも増やすために、何をしなければいけないか。残り4試合、レノヴァの底力に期待します。

1972549_301923639955582_1244780301_n.jpg
 夕方の鹿児島ユナイテッドのキックオフパーティーは、サポーター、ファンをはじめ、県サッカー協会関係者、伊藤知事ら県のスポーツ行政関係者らも出席し、約250人が集った賑やかな「船出」でした。
 先日の講演会で、NBLの山谷専務理事が「サッカーやバスケットは世界的にその価値が認められた優良商品」と話していましたが、この賑わいを見ていると、それが実感できます。鹿児島のサッカーにも、ようやくそんなチームができたことに感慨深いものがありました。
 一方で、チームを運営する側には、その期待に応える「使命」や「責任」ができてきます。注目が大きければ大きいほど、求められるのは「結果」だろうし、徳重代表が語った「県民にとってなくてはならないクラブ」になるためには結果以外でも、やらなければならないことが山積みです。
 パーティーは派手な演出に目が行きがちでしたが、歓談のときには田上主将ら選手全員がテーブル1つ1つを回って、1人1人に挨拶していた姿が印象的でした。こういう地道な活動を忘れずに続けて欲しいものです。

1896897_301777029970243_976492335_n.jpg
 お昼から鹿児島アリーナでレノヴァの試合を取材し、息つく間もなく城山観光ホテルであった鹿児島ユナイテッドのキックオフパーティーを取材。僕が提案した「FCぐりぶー」の愛称は残念ながら採用されませんでしたが、チームの愛称も「よかにせイレブン」に決まり、約250人集まった華やかなパーティーに気分も高揚して「さぁ、原稿を書こう!」と戻ろうとしたとき、悲劇が待っていました。

 最初は会場でもらった取材パスを返し忘れたことからケチがつきました。途中で引き返し、再び車に戻ってから、カメラのレンズなどを入れたバッグを忘れたことに気づきました。自分の「うっかり八兵衛」ぶりを呪いつつ、もう一度会場に戻りましたが、置いたと思しき所にバッグはありません。
 この時点でかなりパニックになった頭を務めて冷静に切り替え、「もしかしたら、アリーナに忘れてきたのかもしれない」とバスケの会場にとんぼ返りしました。しかし事務所の受付のお姉さんに聞いても、電話でレノヴァの代表に聞いてもバッグの忘れ物は届いてないとのこと。

 もしこのまま紛失してしまったら、明日からの仕事がもろに支障をきたします。いよいよパニックも頂点になりかけた頭を、もう一度冷静になって考えました。どう考えてもアリーナか、城山のどちらか以外に忘れた可能性はありません。もう一度、城山にとって返し、パーティーで手伝いをしていた方に聞いてみましたが、見たことないと言います。あまりの「手がかりのなさ」に絶望的になりながら、ふと、会場にまだ残っていたメディアパーソナリティーのIさんが目に留まりました。
 Iさんは僕が会場に入った時、すぐ近くにいた方です。
 「僕が青いカメラバックを持っていた記憶はありませんか?」
 一縷の望みを託して聞いてみましたが、Iさんは「確かに肩にかけていましたよ」と断言。間違いなくここにあると確信を持って、ちょっと先まで探したら、見事に置き忘れていた場所にたどりつけました!(拍手、涙、拍手、涙)

 何やかんやで30分以上、城山とアリーナでウロウロして、貴重な時間をロスしてしまいましたが、僕だったら絶対覚えていないであろうことをちゃんと覚えてくださっていたIさんに感謝です!(感涙、感涙、感涙)

 写真はパーティーの会場で買った「よかにせイレブン」のユニホームと、きのう、きょうと僕と一緒に戦ってくれたレノヴァのユニホーム。僕の「鹿児島愛」を物語る一枚です(笑)!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/662-7c8bd4e5