2012.02.19 楽しい一日
【本日の業務】
・事務作業
・写真処理
・新人体操取材
・S-1グランプリ取材

きょうの写真=公式戦に4年ぶりに出場した大島体操部
体操大島001_035
S-1グランプリに奄美代表で出店した「奄美黒豚パパイヤ丼」

S1グランプリ2_035

 朝から仕事が楽しくて充実した一日でした。
 アサイチは県体育館で体操の取材。いつもはれいめいの写真を撮ることですむのですが、今回は大島が4年ぶりに大会出場を果たしたということで、話を聞きました。部のOBでもある監督さんが「何とか母校の体操部を復活させたい」と昨年4月に赴任してから立ち上げたのだとか。他のスポーツと異なって、いざ始めたいと思っても、器具や専門性の高い指導がいるだけに、中々難しいのですが、もともと体操が盛んでかつてはインターハイ出場選手なども出しており、器具も鉄棒以外はそろっていたそうです。とはいっても肝心の部員が、中学までにやっていた子もいませんから、そう簡単にいかないところですが、それでも1年生が2人入部して3人で活動を続けていました。そんな話を書くのは、僕の「お家芸」です。演技前に監督さんに一通り話を聞いて、きょうの仕事は半分終わったようなものでした。

 演技中、ふと観客席を見上げると、かつて写真を撮って取材したこともあるれいめいOBの子が赤ちゃんを抱いています。昨年結婚して5カ月の男の子だそうです。ちょうど年齢がうちの一番下の弟と同年代なので、感慨深いと同時に独り身の自分がショックでもありました。
 一通り仕事は終わっていたので、そこからしばらくは彼に講師になってもらって体操の採点の仕方を教えてもらいました。採点はDスコアとEスコアの2つがあります。Dスコアは難度を表し、AからFまで6つ。難度が上がっていくごとに0・1ずつ上がっていきます。1種目につき終末技を含めて10の技が採点対象になり、それぞれの難度の合計がDスコアになります。Eスコアは実施点で10点満点からの減点になります。落下すれば1点だし、上がり切れなかったり、着地でふらついたら0・1の単位で減点されていきます。高い難度の技を正確にやりきれば高い得点が出るという仕組みです。
 技の名前も無数にあり、どれが何点とかは専門にやっていないと詳しいことは中々分かりませんが、その採点の仕組みを知っただけでも、体操競技がより深く楽しめそうです。

 昼からはS-1グランプリの取材で県民交流センターへ。県内の商店街がご自慢のグルメを競うユニークな大会です。ちょうどお腹もすいていたので、「奄美黒豚パパイヤ丼」と「宇宿鶏たっこん飯」を食べました。昨年から始まった新しいイベントですが、鹿児島の新たな冬の風物詩にしたい楽しいイベントでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/66-8ee082cb