2013.10.30 足底版再調整
【本日の業務】
・事務作業
・後援会案内発送作業
・足底版作成
・SCC
・レノヴァ練習取材


 昨年作った足底版の再調整をしてもらいにオルタナへ。甲の部分を高くしてもらい、かかとのグリップ感をしっかりしてもらったことで、指先への負担がだいぶ軽くなったような気がします。

 マラソンを始めてこの10年、走るたびに親指を中心に爪の下に血豆ができてそれが原因で何度も爪がはがれ、最早僕の親指の爪は爪の役割を果たせなくなりました。これも長距離を走る代償と本気で対策をこれまで考えていませんでしたが、僕の場合はしっかり拇指球で接地できず、つま先に荷重がかかってブレーキをかけるような接地をしてしまうことが原因で起こるようです。

 足底版をリファインしたあと、SCCの練習で早速試してみました。つま先に余計な負担がかからず、今までよりもよりしっかり地面を拇指球でとらえる感覚が増したように思いました。足底版入りのシューズを脱いで別のシューズに履き替えると、なぜかふっと力が抜けてガクッと折れそうになりました。それだけしっかり地面に力が伝えられていたのでしょう。

 きょうは10キロのペース走でした。何とか4分で走り切りたかったのですが41分30秒。1キロ4分9秒のペースです。最初の3キロぐらいは足底版の影響もあって調子が良かった頃の楽に前に進める感覚がありましたが、身体が重くなって筋力が落ちている分、良い感覚の走りを「継続」するのが難しいです。中盤は4分20秒ぐらいまで落ちました。
 今年の3月ぐらいまで調子の良かった時は10キロで38分台ぐらいまで出していたのに、明らかに力が落ちたことが悔しいです。ただきょうは途中からうちの女性トップランナーのS留さんが後ろから強烈に追い上げてくるのを抜かれないように前で走ったことで、S留さんの良いペースメーカーになりました。きつかったですが後半5キロはまた4分前後のペースで行けました。やはり何か刺激があるとこちらも力を伸ばすきかっけになります。1人で練習するより、誰かと競い合うことで向上するメリットですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/601-6d79026e