【本日の業務】
・事務作業
・原稿
・会報誌執筆作業
・野球
・飲み会


 昼間、野球をしたメンバーと夜、飲んだ席での会話。
 「サッカーでも、バスケットでも、ラグビーでも、監督がユニホームを着ている競技はないのに、野球だけはなぜ選手と同じユニホームを着て試合に臨むのか?」
 このテーマで大いに盛り上がりました。
 確かに小学校のソフトボールから、高校野球、プロ野球、果ては海を越えたメジャーリーグでも、野球およびソフトボールの監督は、試合中選手と同じユニホームを着て指揮をします。サッカーにしろ、ラグビーにしろ、バスケットにしろ、スーツだったり、ジャージーだったり、いろんな恰好はありますが、野球以外のスポーツで試合中選手と同じ服装で試合をする競技を見たことがありません。「ルール上、そうなっているから」といってしまえば、実もふたもないのですが、ではなぜそういうルールになっているのか、合理的な理由を知りたいところです。
 ネットで調べてみると「他の競技に比べて監督がグラウンドに出てくる機会が多いから」とか「昔はキャプテンが監督をしていた名残」とかいろんな理由が出ていますが、今一つ決定打に欠けます。
 「監督」という言葉を英語に訳すとき、野球以外のスポーツは「ヘッドコーチ」となりますが、野球の場合は「フィールドマネジャー」となります。スポーツジャーナリストの二宮清純氏がよく言ってますが、他の競技で監督が試合中にする仕事は戦術や戦略に占めるウエートが高いのに対して、野球はどういう選手を使うのかといった「人材マネジメント」の技量が問われるのが理由ではないかと言います。
 確かに他の競技では試合が始まってしまえば、監督はベンチからいろいろな声をかけますが、基本的にはハーフタイムなどの時間に指示を出すか、選手交代をすることぐらいしかできません。「そこでシュートだ」「パスしろ」といちいち監督の指示を待っていては試合になりません。一方野球は、投手の配球から守備位置、攻撃の選択など、極論すれば試合の進行上必要なことをすべて監督がマネジメントすることも可能です。とはいえ、それも「監督が同じユニホームを着る」合理的な理由とまでは言えません。

 「野球は『ホーム』が『ベース』だから」
 ある監督が言ったのが一番説得力がありました。他の競技がボールをゴールなどの場所に入れる、運ぶことによって得点が成立するのに対して、野球は「人」が「ホームベース」に「かえってくる」ことが得点になります。チームはホーム、すなわち「家族」であり、監督はいわば家長のような存在。選手である「子供」たちと同じユニホームを着て一体感を持って戦うスポーツ、「ホーム」が「ベース」になっているスポーツだからというのがその監督の持論でした。多分、どの答えにも「正解」はないのでしょうが、そうやって考えてみるといろんなことが刺激になって面白いですね。

追伸
NPB(日本野球機構)のオフィシャルサイトにこんなコラムが出ていました。

この文字をクリック!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/58-c3ed715d