2013.09.12 SCCと東京五輪
【本日の業務】
・事務作業
・SCC取材
・原稿
・読書


 「うちから東京五輪の代表選手が出たら、東京まで応援に行きたいね」
 「Kさんは速いから、シニアの部とかあったら代表になれるかもしれないよ。今から練習しとかなきゃ」
 きのう、SCCの練習前のウオーミングアップ中、Mさん、Yさん、Kさん、還暦過ぎのベテラン会員さんたちがそんな会話をしていました。
 前回の東京五輪があった頃、まだ二十歳手前だったMさんは「仕事の修行の真っ最中でとても五輪を見ている余裕はなかった」といいます。7年後の五輪にSCC出身の代表選手が出たら、応援に足を運ぶのが夢だそうです。
 五輪にシニアの部はありませんが、五輪のプレ大会的な位置づけでマスターズの世界大会のようなビッグイベントが日本であるかもしれません。それを目指して頑張ることも、大きな目標になります。

 7年後の東京五輪開催が決まってから「新しいスポーツのあり方とは?」「市民に支えられるスポーツとは?」などなど、漠然と考えていましたが、こんな会話の中にもそのヒントがあるような気がします。
 この方々は、SCCで「ランニング」というスポーツに自ら取り組んでいるからこそ、実現するかどうかは別にして「東京まで応援に行く」「世界大会を目指して頑張る」という発想が生まれたわけです。五輪という限られたトップアスリートたちの遥か彼方にあると思われた世界が、より身近なものになったといっても過言ではありません。還暦を過ぎても、行ける世界を目指して頑張ろうというライフスタイルは何と魅力的で、力強さに満ちていることでしょう。
 この方々は元々陸上経験があったとか、特別なスポーツ実績があるわけではありません。そんな人たちが何気ない日常会話で、肩に力が入らずにそんなスポーツの話をする。「スポーツが市民に根付いた社会」ってこんな感じかなと大げさなことを考えてみました。

【「半沢直樹」と「相棒」】
DSC_0036_035.jpg

 日曜劇場「半沢直樹」に遅ればせながらはまって以来、原作3冊を購読。いずれも買ったその日で読了してしまうほど、夢中になってしまいました。きのう買った最新刊の「ロスジェネの逆襲」(ダイヤモンド社)は夜中2時半に目覚めてしまって、何気なく読み始めたら、夜が明けるころには読了してしまいました。

 「半沢」といえば「倍返しだ!」がキャッチーなセリフで取り沙汰されますが、「ロスジェネ」の最後で語った半沢自身の信念が一番共感できました。

 「簡単なことさ。正しいことを正しいといえること。世の中の常識と組織の常識を一致させること。ただ、それだけのことだ。
 ひたむきで誠実に働いた者がきちんと評価される。そんな当たり前のことさえ、今の組織はできていない」


 今の組織がそうなっている理由は何かと部下に聞かれて

 「自分のために仕事をしているからだ。(中略)仕事は客のためにするもんだ。ひいては世の中のためにする。
 この大原則を忘れたとき、人は自分のためだけに仕事をするようになる。
 自分のためにした仕事は内向きで、卑屈で、身勝手な都合で醜く歪んでいく。そういう連中が増えれば、当然組織も腐っていく。組織が腐れば、世の中も腐る」


 僕は何のために「人にものを伝える」という「仕事」をしているのか? 深く、深く考えさせられました。

 「世のため人のために尽くす」。銀行員であれ、新聞記者であれ、教員であれ、政治家であれ、公務員であれ、農業であれ、漁業であれ…職種に関係なく、人が「働く」もっともシンプルで、普遍的なテーマが底に流れているから、多くの人の共感を産むのでしょう。
 「半沢」を観て、最初に感じたのは「相棒」の杉下右京に通じるものがあるということでした。一見融通の利かない奇人変人に描かれる右京さんですが、底にあるのは「真実」と「正義」という警察官が最も持っていなければならない信念です。
 「当たり前」が通じない世の中にもがき、苦しみ、のた打ち回りながら、当たり前が通じる社会にしたいという前向きなメッセージが、「半沢」にも「相棒」にもあるような気がしています。

【FBのメリット、デメリット】
 近頃は、ふと思いついたことをメモする感覚でFBを重宝しているため、ブログの更新が滞っています。
 仕事柄、コラムとか、オピニオン記事を、後々で書くときに参考にするためのメモとして残しておくことを念頭に置いていることも多いです。ただ困ったことにFBは「過去記事」の検索に時間がかかってしまいます。
 1月前に書いた文章を参考に記事を書こうと思っても、日に2、3度更新することも多いので見つけ出すのが困難です。
 なのでFBにアップしたことは、いくらか加筆修正して、ブログに転載するようにしています。過去記事検索ができる点はブログの利点ですね。それともFBにも過去検索のツールがあるのかな? 僕が使いこなせていないだけ?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/567-af52354b