2013.07.04 選挙取材
【本日の業務】
・会報誌原稿
・出陣式取材
・原稿
・事務作業


946204_219928144821799_881032022_n.jpg
 きょうは参院選の公示日。朝からものすご〜く蒸し暑い中、奄美新聞の取材で二人の候補の出陣式を取材しました。
 10年に奄美新聞の仕事をするようになってから、参院選、県議選、県知事選、衆院選と年1、2回は大きな選挙を取材しています。主義主張はいろいろあるけど、棄権することなく投票所に足を運んで、我々の権利(そして義務!)として与えられた1票を投じることが、大事なんだと、選挙を取材するたびに痛感します。
 出陣式の第一声は、どの候補も非常に分かりやすく、力強く、自らの主張を訴えています。掲げたことを実行する力があるか、有権者の1人として見極めて、1票投じようと思います。

 「この日本では、先のことを具体的に想像しない人が多いから、絶望の真実より希望の嘘に飛びつく人が多いから、複雑な真実より分かりやすい嘘が大好きなんです。何の行動も起こさなくても、明日もまたきょうと同じ生活があると、なぜか信じているんです」

 映画「相棒 XDAY」のノベライズにあった一節が頭から離れません。複雑な真実に目をそらさず、「希望の真実」が実現できる社会を、政治家も、そして私たち有権者も目指す努力が今必要なんでしょうね。

 昼過ぎに選挙関連の原稿や写真を出した後、一休みしてからしばらく手つかずにいた領収書の整理や、新聞スクラップつくりに没頭していました。
 この2カ月あまり、何となく調子が悪かったですが、ほったらかしていた期間の自分のお金の流れや書いた記事の系譜をたどっていくと、自分がこの間、何をやってきて、何をしていなかったかが一目瞭然です。明後日からは高校野球が始まります。明日までに懸案事項を片付けて、すっきりした気持ちで大仕事に取り組みたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/539-c8fc130d