【本日の業務】
・電話取材
・後援会会報誌取材
・甲突川RC


 FC鹿児島とヴォルカ鹿児島は、来年統合するのだとか。記事の見出しだけ見ると、統合が本格的に決まった印象がありますが、いろいろ調べてみると、統合に向けて再び協議を始めるということであり、今回は受け付けるJリーグ側から強く要望があったと記事には書かれていました。要は昨年12月の段階に戻ったということでしょう。
 最終的にその路線に行き着くなら、なぜ昨年末の時点でその決断ができなかったのか? 今、統合断念に至った昨年12月25日の記者会見を思い出してため息が出ます。あのときは、統合の大前提である「それぞれが抱える債務については新会社に引き継がない」という合意文書にヴォルカ側がサインできなかったことと、FCが持っている下部組織にヴォルカ側が難色を示したことが、統合に至らなかった主な要因ですが、その辺がきちんと解消された上での再協議なのか、疑問に残るところです。
 両チームの選手、サポーターの中には歓迎する一方で、割り切れない想いを抱えている人も多いことでしょう。失われた時間は取り戻せませんから、選んだ選択がベストな結果を生み出せるように、今後の経緯を見守っていきたいところです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/538-fdb8137e