2013.04.24 昔の新聞
【本日の業務】
・事務作業
・床屋
・読書
・SCC


 SCCの練習に出かける前に、母校の同窓会長で野球部の後援会長でもあるY会長のところへ行きました。何でも鶴丸1回卒の先輩から昔の新聞記事のコピーを預かったとか。記事は1949年7月のもので、夏の県予選で鶴丸が優勝したときの記事でした。
 それによると準決勝で鹿実を5-2、決勝は鹿児島市三部(※今の鹿児島商)を2-1で下して16年ぶりの優勝だったそうです。今ならこの大会で優勝すれば夏の甲子園ですが、当時は鹿児島、宮崎、大分との東九州で代表決定戦があり、そこで負けたため夏の甲子園は未だ果たせていません。あとで「白球に魅せられて」で調べてみましたが、当時の県予選出場校は24校でした。東九州大会は鹿児島開催で、鶴丸は優勝した臼杵(大分)に初戦で2-7で敗れています。
 コピーは3枚あって、優勝した記事の載った面全体と記事の部分の拡大、準決勝勝利の記事の拡大でした。今でこそ、高校野球の夏の県予選の記事はスポーツ面の見開きやら、カラー写真も当たり前ですが、64年前はまだベタ記事扱いです。それでも、新聞のページ数自体が今よりもずっと少なかったから、大きなニュースだったのでしょう。優勝した記事には優勝旗を持った集合写真も掲載されていました。
 記事を提供してくださった1回卒先輩は、関東在住の方で知人に頼んで国会図書館まで足を運んでこの記事を手に入れたそうです。4年ほど前にもお手紙と昔の新聞記事を頂いたことを思い出しました。卒業して半世紀以上経ち、故郷を離れていても、深い想いを寄せている方がいらっしゃることに心動かされました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/495-cdc20d1d