【本日の業務】
・会報誌作成
・バレエストレッチ体験取材
・号外営業
・新著販売、PR
・原稿


 「バレエストレッチ」なるものを体験取材しました。
 人生38年で、生まれて初めてバレエ教室に足を運びました。勧めてくださった歯医者の先生が「90分間があっという間に過ぎるぐらい楽しいですよ」と話していましたが、本当に楽しくてあっという間に過ぎました。
 バレエといっても、これまでオルタナで教わったストレッチや、SCCでいつもやっている補強、トレーナーの高司さんに教わっているボディーワークと基本的な原理は同じなので、のみ込みやすかったです。絶望的なぐらい硬い股関節は、どうしようもなかったですが、バランス感覚や腹筋はしっかり鍛えてあるので、最後まで息上がることなく楽しめました(笑)。
 呼吸を整えること、身体の軸をしっかり保つこと、正しい姿勢を保つこと…これらの動きを組み合わせ、音楽やリズムに乗ってしなやかに美しさを表現しようとするとバレエになるのかなと思いました。最後に音楽に合わせて、簡単なバレエダンスのような動きをやってみましたが、ひとつひとつの動きを分解してみると、ストレッチやバランス運動でやった要素が含まれていることが分かります。さすがに恥ずかしくて途中で取材モードに逃避することもありましたが、参加した約20人の皆さん、すべてが良い笑顔をしていました。
 「ストレッチも真剣にやると汗をかく」
 これはちょうど昨夏に、この教室のすぐ近くの皇徳寺中で高司さんが中学生を対象にしたトレーニング指導で話していたことですが、きょうも激しい運動は何一つしていないのに良い汗をかくことができました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/454-6c04ac2b