2013.01.15 希望の光
【本日の業務】
・事務作業
・早朝ジョッグ
・新人バスケット取材
・十三会総会


 新人バスケットの会場でも、例の大阪の話が話題になりました。どの指導者も、皆一様に「他人事じゃない我がこと」として真剣に悩んでいました。
 実際の指導現場であったエピソード、「体罰是か、非か」に問題が矮小化されていることへの疑問、最終的には「なさざるにしくはなし」で現場が委縮してしまうことへの危惧…切実さが伝わってきました。

 「質を高めていかなければいけないきっかけにはなったと思います」

 暗澹たる思いの中、K先生の言葉に力づけられました。手をあげる暴力的な指導が今後はできなくなる一方で、目の前にいる生徒たちを善き方向へ、どう教え導いていくのか? 重い命題をつきつけられ、もがき苦しみ、のた打ち回る中、それでも本気で子供たちに向かい合うところから、何か答えがみえてくると信じたい。まさにテーゼ、アンチテーゼのせめぎあいの中で、アウフヘーベンがうまれる世界ですね。
 間違っても、部の活動を無期限停止にするとか、橋下市長が生徒募集を停止するとか、そんな安易な対処法で解決する問題ではないと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/396-d51f8679