【本日の業務】
・事務作業
・早朝ジョッグ
・OB戦
・懇親会


 毎年3日は、恒例の鶴丸野球部OB戦です。終日、寒さの厳しい中でしたが、OB戦、夜の懇親会も含めて、「鶴丸野球部」を満喫した一日でした。

 OB戦はOB対現役、マスターズ対現役、ヤングOB対オールドOBの3試合が組まれています。僕は昨年に続いて3試合とも出場しました。
 1試合目は6番、ライトでフル出場でした。2回の初打席ではカウント1ボール2ストライクから、内角気味の小さな変化球をうまくセンター返ししてヒットでした。打席目は先頭打者で2ストライク追い込まれてから、ファールで粘り四球で出塁しました。良い仕事をしましたが、二塁走者で、パスポールの判断でスタートが一瞬遅れ三塁でアウトになったのは反省です。
 2試合目は4回から2イニング、投げました。どちらも比較的少ない球数で簡単に二死とりながら、4回は2失点、5回は1失点でした。四球も2個出しましたが、だいたい思うような投球はできました。マウンドさばきと、けん制を覚える必要を痛感しました。
 3試合目は最終回に守備と打撃。2ボール1ストライクから少し詰まりながらレフト前に運びました。全体的には良い内容だったと思います。

 夜の懇親会は40人以上が集まって盛り上がりました。OB戦は基本的に卒業2年目の学年が中心幹事になって仕切るのが伝統ですが、ここ数年は基本的な段取りを僕がするようにしています。今年からは10歳下の主将に任せて、僕はそのバックアップに回りました。
 00年にOBの前監督が就任して以降、OB戦は年々盛り上がり、大学や社会人でバリバリ野球を続けている選手たちが試合に出るので、試合のレベルが上がりました。保護者の炊き出しなどもいただけるようになり、正月の一大イベントに成長しました。公立高校ですから、監督、指導者の移動は宿命です。こういう集まりは往々にして監督が別の人に代わってしまうと、途絶えてしまいがちです。それを中心になって継続できる立場に僕がいると思って裏方の仕事をやっています。
 懇親会のあいさつで、僕は「年に1度、鶴丸野球部を思い出してみんなが帰ってくる場所を作りたい」と話しました。監督は変わって、もみんなをつなげる縦の糸は「鶴丸の野球部である」ということです。これから巣立っていくOBたちも、県外の大学に進学したり、県外に就職する人間も多いでしょう。なかなか帰ってこれなくても、「1月3日は鶴丸球児に戻って、絆を深めあう」場所を作っておけば、いつでもみんなが帰ってこられるわけです。そういう場作りに貢献するのが僕の仕事だと実感した夜でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/384-40aaa002