2012.11.17 恐怖!
【本日の業務】
・事務作業
・高校サッカー取材
・レノヴァ取材
・原稿
・読書


 朝から土砂降りの雨。1年生大会は順延もしくはあったとしても試合開始が延びると思ったので、国分で高校サッカーを見に行きました。
 早めに着こうと高速に乗ったのに、これがそもそもの間違い! 土砂降りがひどくなり、ワイパーを最速にしても視界が悪いです。ちょっと油断するとハンドルを取られそうになるぐらい、路面がぬれていました。このままじゃヤバイと感じて、姶良で下りて10号線ルートに変更。所要時間は1時間と普段と変わらないですが、とても時間が長く感じました。

 国分の会場に着くと、多目的広場の駐車場はすでに満車。ただでさえ恐怖心の後遺症でばてていた上に、車が停められなくて、このまま引き返そうかと思いましたが、武道館の駐車場が空いていたので、そこに停めて無事観戦できました。路上駐車や違法駐車が多かったらしく、何度も場内アナウンスで注意されていました。スポーツ観戦のマナーは守って欲しいものです。
 それにしても、高校サッカーの試合にこんなにも多くの観客が詰めかけることの意味をふと考えてしまいます。確かに神村と鹿実の対戦など見どころのあるゲームではあります。何を隠そう僕もそれを見たくて、恐怖心のリスクを負ってまで国分まで行ったわけですから。それだけ人を引き付ける魅力があるというわけです。
 ところが夕方のレノヴァの試合の観客は、決して多いとは言えない。姶良の駐車場は幸か不幸かスムーズに停めることができました。プロスポーツと高校スポーツ、本来なら逆か、両方一杯ならなお良いところですが、ここに鹿児島のスポーツ界が克服すべき課題があるような気がしています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/338-8013a926