2012.07.04 重要事項優先
【本日の業務】
・事務作業
・早朝セミナー
・オルタナ
・写真処理
・会報誌発送作業
・原稿
・SCC


 今年に入って月2回、HCDの早朝セミナーに出ています。自分の生活習慣を見直し、引き締めて、モチベーションを喚起するのに大いに役立っています。「会社員」じゃなくなって8年、こういう「組織」があることの良さを実感し、僕自身も40代になったら自分が取り組んでいる「スポーツ」「ジャーナリズム」の世界でこういう場を作りたいと毎回思います。
 きょうの話で響いたのは「朝起きてからの1時間が人生を決める」「楽か、苦かの選択を迫られたとき、苦を選択した方があとあとずっとためになる」「目の前で起こる問題から逃げない。問題解決の積み上げがその人の価値を作る」といった話です。正直、6月に入ってからの1カ月間、特に後半は手帳や、帳簿、読書、スクラップ、自主トレーニングといった毎朝のルーティーンと決めてこの1年近く取り組んできた習慣が疎かになり、自分自身の時間管理が杜撰になっていました。
 まずは朝起きてからの1時間で何をするか。僕の場合は日記や手帳を書くことで、前日を振り返り、きょう一日何をするかの方向性を決めます。さらにはストレッチや補強運動を加えた自主トレで身体を目覚めさせます。いわば起きてからの1時間で「心身の準備運動」をするというわけです。
 目の前に楽なことと苦しいことの両方があったら、楽な方を選ぶのは楽です。例えばきょうなら、昼間一通り雑事を終えて、SCCの練習まで1時間ほどの空きができました。予定では長く書いていなかった単行本原稿を少しでも書き進めることになっていましたが、気持ちは横になってダラダラ、テレビでも見てゆっくりしたいところです。そこで「7つの習慣」でいうところの「感情を目的意識に従属させる」ことに従って、パソコンに向かいました。1月ほど前、どうまとめようか、方向が見えなくて原稿に向かう手が遠のいていました。過去の自分の文章の中にまとめる良いヒントがあったので、すっきりまとめることができました。今月掲げた大きな目標の中に、何としても夏の大会前に単行本原稿を仕上げるというのがあります。あす、あさってはそのことに集中しようと考えています。
 こうやって1日の中で、朝準備をして、目の前の問題から逃げずに解決を積み上げていくと、その日の充実度が違います。そうやって1日1日を積み上げていくことが、最終的に自分の大きな夢をかなえる下地になるというわけです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/202-8891f054