FC2ブログ
2019.02.19 今、変革の時
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・県庁
・鹿児島U取材
・メディア説明会
・駅伝原稿
・あの人に会いたい原稿


 二十四節気の雨水だったからか、この時期には珍しい大雨でした。そんな中で午前中は鹿児島Uの練習に顔を出し、午後はJリーグのメディア説明会に参加し、今季のサッカー仕事について考えた一日でした。

 先週金曜日にエルゴラッソの記者ミーティングに参加し、大まかな仕事の概要をレクチャーされました。昨年は週1回練習を取材し、DAZN中継用に監督、選手のコメントをとる。ホームゲームの週はJリーグ公式サイト用に見どころの記事を書く。ホームゲームは公式サイト用にフォーメーション、マッチレポート、監督・選手コメントをとるのが仕事でした。今季はこの仕事も継続しつつ、エルゴラッソ本紙用に書く原稿が加わりました。練習も週2回取材し、コメントだけでなく練習レポートなどもあげる。昨年に比べると5割増しぐらいに仕事が増えた感じです。

 1つ1つの仕事内容は特別難しいものではないですが、これらを今までやってきた奄美新聞、高校野球ドットコム、スポかごNEWSの仕事と併用してできるかが、今季最大の課題です。日程時間が重なればどうしても両方やることが不可能になります。その際にどう優先順位をつけるか、フォローできる方法があるか、今のところ具体的な解決策はみえていないので不安の方が大きいところです。

 「正解」はなかなか見えないところですが、導き出すカギは「コミュニケーション」だと思います。エルゴラッソの編集部、鹿児島のメディア仲間、鹿児島Uのスタッフ、そして家族…正直なところを常に話して頼るべきところは頼り、巻き込んでいくことが、逆に鹿児島のスポーツを発信する文化の浸透につながると考えています。きのうは練習場で金監督、登尾GM、吉井選手、谷口選手、会話をした全員に「エルゴラッソは鹿児島で売ってないんですか?」と聞かれました。残念ながら関東や関西のように駅のキヨスクで買えたり、宅配で受け取れるシステムが鹿児島にはありません。できるとしたら電子版を購読するか、遅れて郵送してもらうかしかありません。

 報道会議の後、南日本新聞の記者と雑談していたら「うちに織り込めないんですかね」とも言われました。既存のメディアに協力してもらって紙のエルゴラを届ける方法は他県でもあるようです。編集の人と電話で話したら喜んでいました。まずはこの1年間、与えられた仕事をきちんとこなしつつ、その先に描く鹿児島のスポーツ発信文化の発展のために、今年は私自身も大きな変革の時期に来ていることをひしひしと感じました。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1973-9a956949