FC2ブログ
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・札幌大谷取材
・駅伝原稿
・レブナイズ原稿
・エルゴラッソ原稿


 「高校野球ドットコム」の取材で、姶良まで札幌大谷高校の合宿を取材に行きました。考えてみれば昨年秋の決勝戦以降、本格的な「高校野球取材」はご無沙汰していたような気がします。約5カ月ぶりの高校野球。20年以上、毎年やっている仕事が新鮮に思えました(笑)。

 札幌大谷はセンバツ初出場ですが、昨年の明治神宮大会を制し、優勝候補にも挙げられる学校です。これまで野球の仕事をしていて鹿児島以外の他府県のチームを見る機会がありましたが、北海道のチームの監督や選手に話を聞くのは初めてでした。

 「この時期に野球ができるのがうれしい。明治神宮で結果を残したご褒美で良いことがあった」と主将。エースの西原君は「足元を気にせずに歩けるのがうれしい」といいます。取材対応をしてくださった若い部長が駒大苫小牧の出身で、雪上ノックの話をしてくださいました。雪の上でバウンドを合わせようとする感覚を磨くから土の上だと合わせる感覚が楽に感じられるといいます。長い期間土の上で野球ができないから「野球をやれる喜びが勝れば、センバツでも戦える」と監督さんの話が印象的でした。

 ハンディーをどう克服するかを考えればそれがアドバンテージに変わる。昔から私が持つ信条ですが、まさにそれを実践しているチームだと思いまた。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1971-79140ee3