FC2ブログ
2018.04.09 入園式
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・入園式


180411入園式
 息子の幼稚園の入園式でした。コラムにも書いた通り、保護者として初めて写真を「撮られる側」になりました。

 初夏を思わせるような好天の中での入園式でした。「晴れ着」を着た息子は少しだけお兄ちゃんになったような気がしました。講堂での入園式、教室に移動しての説明、夫婦と娘と4人で参加して、私はずっと娘を抱っこしたまま面倒を見ていたので、言われるがまま、慌ただしく時間だけが過ぎていったような不思議な感覚でした。

 息子と同じ2、3歳児の「年少少」の「ゆめ組」が18人、3、4歳児の「年少」も合わせると40数名の園児が入園しました。知人は誰もいないと思っていましたが、顔見知りの高校野球部の監督さんがいて、同じように10カ月の赤ちゃんを抱っこしていたので人心地がつきました。今、2歳の息子と間もなく8カ月になる娘の2人だけでも何かと世話が焼けるのに、こんな子供たちを18人も世話する幼稚園の先生がものすごーく偉大に思えました。

 式、説明会とも滞りなく終わって、一安心でしたが、帰り際、教室のおもちゃが気に入ってしまった息子は「帰らない!」と大泣きしました。幼稚園に「行かない!」と駄々をこねるのは想定していましたが、まさか初日から帰りたくないと言い出すとは驚きでした。帰りの車の中で「母ちゃんと、幼稚園にいく」を連呼しまくって、帰り着いた頃力尽きて寝ていました。

 式は両親付き添ったので特に心配はしていませんでしたが、あすからはバスに乗って1人で通園しないといけません。どの子もそうなのでしょうが、たいていが「乗らない」と泣きながら駄々をこねるそうです。子供の立場に立ってみれば無理もありません。親としてどうすればいいかの回答もありません。幼稚園児になる「第一関門」がもう間もなくやってきます。不安だらけですが、ここを越えた時の姿を想像し、あらゆることに対応していこうと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1760-8c7f60fd