FC2ブログ
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・自転車
・野球取材、原稿
・レブナイズ原稿


180401-8れいめい2点目・川口2ラン_035
 ベスト8が出そろいました。準々決勝の顔合わせは神村学園VS川内、れいめいVS鹿屋中央、樟南VS鹿児島実、鹿屋VS国分中央です。

 神村、鹿実、樟南の3強をはじめ、ノーシードから勝ち上がったチームもそれぞれに特徴はありますが、投打に力のあるところが順当に勝ち上がっている印象です。4試合ともそれぞれ興味をそそられる対戦カードです。

 落球の原因が「スマホの見過ぎ」にあるのではないかという話を書きました。落球の原因かどうかは別にしても、スマホやPC、ゲームなどの影響で視力の悪い高校生は増えているといいます。

 我が身を振り返ってもお恥ずかしい限りです。予備校生の頃まで視力2.0を誇っていましたが、大学生になっていわゆる勉強をしなくなってから視力が悪くなりました。当時は携帯もPCも常用する時代ではありませんでしたが、1、2回生の頃の住宅環境が悪く、不摂生な生活をしていたつけがきて、3回生の頃からメガネをするようになりました。

 社会人になってからは視力は低下の一途をたどっています。PCは仕事の必需品ですし、スマホを見る回数も多いです。落球する高校生を笑えない自分に気づきました。

 以前、ある高校野球部の練習の最後に「遠方凝視」のトレーニングをやっていたことを思い出します。やり方のコツは忘れましたが、親指を立てて遠くを見たり近くを見たりすることで、ピントの調整をするような方法だったと記憶しています。スマホやPCで視力が悪くなるのは、悪い姿勢で近くを見過ぎるのが良くないわけですから、意図的に遠くを見たり近くを見たりして目のピント機能を訓練することが大事なのでしょう。西武や巨人で監督、コーチをしていた伊原春樹さんは朝起きたらまず目の周りのマッサージをすると本で読んだことがあります。

 試しにふと思い立って試合中、遠くをじっと見たり、見よう見まねで遠方凝視のトレーニングをやってみました。スマホやPCが生活に欠かせないものである以上、目のコンディションを整えることもより意図的にやる必要があると思いました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1752-23839a2c