【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・野球取材、原稿
・鹿児島U取材、原稿


130322奄美・禱
 一日遅れて春の高校野球鹿児島大会が始まりました。これから11月ごろまで、鹿児島の野球に一喜一憂するハードな日々が始まったことを実感しました。

 春、夏、秋の県大会が開催される半月近い時期は、朝から晩までやることがびっしり詰まっているのは例年通りです。これに加えて今年からはエルゴラッソの鹿児島ユナイテッド番記者の仕事も加わりました。きょうは野球の取材の後で、日曜日のホームゲームに向けての監督、選手インタビューが入っており、初日から今まで以上にタイトなスケジュールになりました。

 奄美、沖永良部と勝利して、隙間時間に原稿も書いて順調な滑り出しでしたが、予定が狂ったのは午後からです。鹿児島Uの練習は県立サッカー・ラグビー場で2時から4時までとなっていました。インタビューができるのは練習が終わってから後なので、第3試合の神村VS枕崎まで見られる限り見てから行こうと考えていました。

 ところが広報の方から連絡があり、試合翌日の練習でメンバーは早目に上がるので早く来て欲しいとのこと。間の悪いことに、母校の野球部後援会報誌が出来上がって球場に届けてもらうよう連絡したため、すぐに球場を出られません。受け取ったのが午後2時40分ごろで、3時には着くように急ぎましたが渋滞して思うように進みません。何とかインタビューはできましたが、コンディション調整に気をつかうときにチームを煩わせてしまったのが何とも申し訳なかったです。

 今回の「失敗」の原因は「仕事を欲張りすぎたこと」に尽きます。「欲」を持つことは大切です。完封勝利した奄美のエースが「欲が出てきた」ことで成長できたように、「こうなりたい」と思う欲は全ての行動の原動力です。しかし「欲張る」と本当に大事なことが見えなくなり、きょうの僕のように周囲に迷惑をかけてしまうことになります。「欲」はいいけど「欲張らない」。良い教訓になりました。

 反省の多い初日でしたが、ミスはあっても、できるだけ焦らず、今できる最善を尽くすことはできました。急いでいても飛ばし過ぎたり、信号無視をなどをしては本当に取り返しのつかないことになります。サッカー取材に向かう時は、焦りで身が縮みそうでしたが、そこは冷静に行動できたのは成長だと思いました。

 鹿児島Uのヤスさんも選手たちも「守備でハードワークするのは当たり前。そこから点を取るためにプラスアルファが大事になってくる」と言います。僕自身も仕事でハードワークするのは、何も考えなくても呼吸ができたり、自転車に乗れるように当たり前で、そこから自分を高めていくために貪欲になろうと思いました。きょうを振り返ってもできたことの満足感より、できなかったこと、やらなかったことの反省の方が大きいです。この春もハードな日々がしばらく続きますが、その先にはまた一回り成長した自分になれると確信をもって、きょうやることに精一杯取り組もうと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1742-b1ac12bf