【本日の業務】
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・ウオーキング
・いしきらら
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・手帳、帳簿、日記
・レブナイズ取材、原稿


180203レブナイズ05_035
 嫁さんとお義母さんが名古屋に出張だったため、朝から実家で子供2人の世話。息子と城山展望台まで散歩したり、2人を連れて「いきしらら」に行ったりしました。長らく使っていなかった抱っこ紐を使用。1年以上使っていなかったのでコツを忘れていましたが、すぐに思い出しました。夕方のレブナイズの試合会場にも2人を連れていき、珍しがられました。ちょうど、試合開始前に嫁さんたちが帰ってきたので2人を預けて、試合に集中できました。

 子供の世話に掛かりきりでレブナイズのことを考える余裕はありませんでしたが、きょうの試合は今季見た中では一番良い試合だったと思います。

 立ち上がり、先行されて終盤まで一進一退の重い展開でしたが、最後まで集中力が途切れることなく、最後に爆発して一気に点差をつけるというなかなか爽快な試合でした。

 金曜日の鹿児島Uの試合でも守備を重点的にみるようにして見方が変わったように、レブナイズの試合も守備も含めた全体をバランス良く見ることを、特に前半は心掛けてみました。そういうときは2階の記者席から俯瞰してみるのが一番良いです。立ち上がり相手のエースガードに連続シュートを決められて、出鼻をくじかれましたが、そこに守備の良い選手をマークに着けて守りの目線を変えたことからリズムをつかみ、互角の展開に持ち込むことができました。

 その後も、お互い手を変え品を変えながら流れが行ったり来たりするスリリングな展開だった中で、リバウンドやボックスアウト、身体を張った泥臭いプレーを最後まで全員がやり続けたことが勝機を手繰り寄せました。第4Q、DJのダンクでリングが壊れ、良い流れがきた中で嫌な中断の間合いができてしまいましたが、むしろそこから一気に相手を突き放したのが見事でした。

 しかし大事なのはあすです。きょう以上に厳しい試合になるでしょうが、こんな時こそ成長のチャンスです。

 惜しむらくは良い試合をしていたのに観客が500人にも満たなかったこと。僕もきょうは嫁さんや家族を観戦に連れて行こうと思います。

 第4Qで試合が中断したとき、スタッフやボランティアの人たちが試合を少しでも早く再開させようと献身的に頑張っていました。最後に会場を車で出ようとしたとき、ボランティアで参加していた高校生の集団が立ち止まって僕の車の誘導をしてくれました。僕としてはこんな寒い中、遅くまで頑張ってくれた高校生たちが少しでも早く帰れるように、彼らが通り過ぎるまで待っていようと思っていましたが、そんな目配り、気配り、心配りをしてもらったことが嬉しかったです。そんな人たちに支えられて、興業が成り立っていることが胸に染みた出来事でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1699-43771910