FC2ブログ
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・駅伝観戦
・レブナイズ取材、原稿


171224レブナイズ01_025
 レギュラーシーズンに入ってケガ人が多かったレブナイズは、連勝ができずに負け越していましたが、ようやく全メンバーがそろい、2試合連続100点ゲームで連勝できました。結果としては良かったですが、内容的には今一つだったように思います。

 前日に大差で勝負がつけば、翌日は相手がやり方を変えてくるのは当然のこと。それを上回るものを見せつけて、お互い切磋琢磨し合うところに連戦するプロのリーグ戦の醍醐味があります。そういう意味では、きのうのレブナイズは相手の変化に対応できず苦戦しました。この辺りが経験の少ない若いチームの底力が足りていない部分です。そんな中で、中園、館山といったベテラン選手が要所で活躍し、序盤で逆転してからは一度も追いつかれることなく勝ち切れたのは良かったです。

 試合前、FBをチェックしていたら、知人が観戦に来ていることを知りました。その方は根っからの野球好きであると同時に熱い「鹿児島愛」を持っている方です。確か「バスケットは興味がない」と話していたと記憶していたのですが、わざわざ足を運んでくれたことが嬉しくて「僕がいうのも変ですが、ありがとうございます」とメッセージしました。

 試合後、その方から届いたメッセージに考えさせられました。「もう一度見に行きたいかと言われればNO」「選手からプロ感じなかった」「選手のプレーでまた応援に行こうと思わせるプレースタイルと試合内容が大事」…実に貴重な意見です。僕自身も感じていたことですが、「審判に文句を言う前に、さっさと戻ってディフェンスしろ!」と言いたくなるようなシーンが何度かありました。バスケットを知らない人さえ、いや知らない人だからこそそういう部分をしっかり見られていることを肝に銘じて欲しいものです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1675-d3cb135a