FC2ブログ
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・心の野球教室
・レブナイズ原稿
・12月の計画


 ある社会人チームと少年野球チームとの「心の野球教室」に参加しました。

 オフシーズンになるとプロなどの野球教室が開催されますが、このチームの取り組みで特徴的だったのは、選手全員が「コーチ」になって子供たちと一緒に汗を流したことです。一般的な野球教室は著名な選手が大勢を前に指導しますが、練習の合間、合間で大人が子供にアドバイスしている姿をあちこちで見かけました。

 薩摩藩に伝わる「郷中教育」とはまさにこのような感じではないでしょうか。長才が稚児に手ほどきする姿を彷彿させました。人に教えることは自分の練習にもなります。

 最後は保護者も交えて全員でティーボールを応用したゲームで盛り上がりました。小中学校時代、休み時間や昼休みに自分たちでルールを作ってゴムボールでいろんな遊びをしたことを思い出します。「特別参加」で息子もボールを打たせてもらいました。大人も子供も屈託なく笑う姿を見ていると、こういう楽しさを伝えていくことがまず普及の第一歩だと確信しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1658-971a260f