2017.07.27 受難の日
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・野球取材、原稿
・バレーボール取材、原稿
・十三会役員会


170727-1_040
 午前中は野球の取材。決勝戦は育英館と松元の顔合わせでした。育英館はセーフティーバント、盗塁、エンドランなど積極的な攻撃が目を引きました。3回に逆転したシーンでは叩きつけて大きく跳ねる軟式ボール独特の特徴をうまく生かして相手のミスを誘った攻めが印象的でした。前日観戦した準々決勝もそうですが、ミスが出た方が流れが悪くなってしまい、後で挽回するのは相当な力がいると感じました。イニングが7回と短い中学野球はその辺が特に顕著です。このあたりも野球の教科書的な部分といえそうです。

 午後のバレーボールの取材に行かなければならなかったので、取材はできませんでしたが、8月の九州大会が鹿児島であるのでそこをしっかりフォローしようと思います。

170727バレーボール朝日田検_040
 球場から車を飛ばして蒲生体育館へ。思いがけないトラブルの連発で、20年近い記者人生の中でもワースト5に入りそうなぐらい気持ちが凹みました。

 会場には午後2時過ぎに到着。ある程度予想はしていましたが駐車場が一杯で止められません。少し離れた屋外運動場の駐車場が空いていたのでそこに止めて、数百メートル歩きました。会場は空調が全くなく、蒸し風呂のような暑さです。男女ベスト4のチームが一堂に会しているので、応援も含めて相当な人数が入っており暑さはさらに増します。

 それでも一番大事な奄美勢の朝日・田検の試合には間に合ったので、気を取り直して取材しようとしましたが、肝心のカメラがどういうわけかちゃんと作動しません。思いつく限りの対処法をやってみましたが、モニターに映る画面は真っ黒にしかならず、これでは試合の模様が写せません。

 仕方がないのでプレー写真はあきらめ、最後に集合写真をスマホで撮ることにして観戦に集中しました。2-0でストレート勝ちしなければ優勝はない中で見事、ストレート勝ちし、逆転優勝でした。何とか話だけはちゃんと聞いて記事はしっかり書こうと思いましたが、帰りの船があるため閉会式の後すぐ移動しなければならず、コメントをとることもできませんでした。あとで電話で話を聞くという方法もあったのですが、夜には別の会合も入っており、結局観戦レポートと最後に主将が応援席に向かって話したコメントだけで記事を書かざるを得ませんでした。

 誰が悪いわけでもなく、詰まるところはメンテナンスを怠った自分の責任です。帰りの車中は汗だくになった身体とどうしようもない苛立ちをコントロールするのに時間がかかりました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1548-879f0ceb