【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS発行
・家族のサポート
・野球取材、原稿


170705-1_040
 ここまで奄美勢6チームが登場し、未だ白星がありません。奄美新聞的には残念なところですが、試合自体は勝った方の素晴らしさも含めて伝えたいこと満載の内容が多いです。

 徳之島―鹿児島商戦は、両エースの好投で1点を争う緊迫した展開でした。中でも鹿商のエース湯田君の出来が抜群でした。スピードはなくても高低とコーナーを丁寧に突く制球と、タイミングを微妙に外すボールを持っていれば試合が作れるというお手本のような投球でした。徳之島は持ち味の打線を封じられて苦しい展開でしたが、エース澤村君を中心に粘り強く守り最後まで食らいついた姿が印象的でした。

 2試合目の鶴丸は序盤、エラーが続いて苦しい展開でしたが、2番・中野君の満塁ホームランで逆転して勢いに乗りました。これが今大会第1号ホームランでした。

 与論9人、市来農芸10人と少人数チーム同士の第3試合は、少人数らしからぬ引き締まったスピーディーな好ゲームでした。与論は昨夏以降、部員が2人になってしまって、秋、春の県大会には出られませんでしたが、1年生が入って9人そろい、1年ぶりの県大会出場が叶いました。

 9人そろったとはいえ実戦経験がほとんどないので、ちゃんと試合になるか注目していましたが、連係プレーもしっかりこなし、何より無失策で守り切ったのが見事でした。人数は少なく1年生中心のチームですが、先輩も後輩も互いに中学時代からプレーした気心の知れた仲でチームワークがとれているのが功を奏しました。ちなみに与論中時代に彼らを指導した監督が観戦に来ていて、僕の中学の同級生でした。彼らが少人数でもしっかりやれた理由が分かった気がしました。秋以降も楽しみにしたいチームです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1527-61f64119