2017.05.24 名将に学ぶ
【本日の業務】
・家族のサポート
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・県総体ラグビー取材、原稿
・NHK旗取材、原稿


170511久保克之02_030
 2週間ほど前、ドットコムからの依頼で久保先生に「勝てるゲームプラン、戦術の立て方」というテーマでお話を聞きました。
 気がつけば久保先生が監督を引退されてから今年で15年、僕が「鹿実野球と久保克之」を書かせていただいてから10年が経ちました。来年入学する高校生は久保さんが監督をしていた頃生まれていなかったと考えると、時の流れを感じます。今なお衰えるどころかますます燃え盛っているのではないかと思えるほどの久保先生の「ガッツ節」を久々にじっくり聴かせていただきました。

170524ラグビー02_030
 中山で高校総体ラグビーの取材。大島は持ち味を出し切れず惜敗、奄美は大差で敗れたけれども持ち味は出しての敗戦でした。ここぞという場面で力を出し切ること、そして勝つことがいかに難しいことか、思い知らされました。

 取材を終えて県立球場へ移動。車中でNHKラジオをつけると、ちょうど大島―尚志館戦の九回表裏の攻防でした。八回に逆転して勢いに乗る大島でしたが九回は一死二三塁のチャンスにライナー併殺。その裏は2者連続四球で一打同点、サヨナラのピンチを背負います。
 何とか試合終了までに球場に着きたかったですが、すきっ腹で実況を聞いていると運転に集中できない状況だったので、途中の天一で車を停めて、遅めの昼食をとりました。野球の結果が気が気でなかったですが、ゆっくり食事を済ませて再びラジオをつけると、すでに番組は終わっていました。
 延長に突入していたなら、まだ終わるような時間ではなかったので、ピンチをしのいで1点差で逃げ切ったか、それとも逆転サヨナラだったかのいずれかです。球場に着くとすでに人気はなくなっていましたが、ちょうど一塁側のベンチ裏で大島の選手たちが移動する頃でした。話を聞くと二死満塁まで行きましたが、辛うじて1点差で逃げ切ったとのこと。ラグビー、野球と奄美勢3連敗を免れてホッとしました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1488-f732c318